オーラが見えるという主張(の一部)が科学的に「共感覚の一種」として検証された

はじめに


・若干、古い(14 November 2010)ソースだが、タイトルの趣旨の記事を偶然、見かけたので記録しておく。

・オーラという当人にしか見えない主観的な認識現象が実在することを、どうやって客観的に実証したのか?それが最も気になる所(=実験心理学者の腕の見せ所)だが、ソースから該当箇所を下に引用しておく。

  ・RF とはオーラが見えるという被験者。


To test RF's seemingly self-generated synaesthesia, Ramachandran's team placed a female volunteer against a white background. They proceeded to draw an outline around her body with a black pen.

Surprisingly, RF reported seeing the volunteer's aura fill the space from her body to the line, no matter how far away from the body the line was drawn.

Next, the team projected either blue or orange letters onto the white background at varying points around the volunteer, either inside or outside of the black line. They asked RF to state what the letter was while timing the speed of his response.

When the letter was blue and inside the black line RF was twice as slow at naming the letter as any other position or colour.

Luke Miller, who presented the study at the Society for Neuroscience annual meeting in San Diego this week, says that the blue letters projected inside the black line are likely to have merged with the perceived blue aura making them more difficult to identify than those outside of the line or coloured orange.

Ref: https://www.newscientist.com/blogs/shortsharpscience/2010/11/auras.html


一部引用



Glowing visions of light that emanate from a person's body, often seen by those claiming to be psychic, really do exist, for some people at least. That's the tantalising conclusion of a study on a new form of emotion-colour synaesthesia which projects itself as coloured auras.

Other forms of synaesthesia include numbers and letters that evoke colours, touch that evokes emotions and colours with their own fragrances. Now, Vilayanur Ramachandran and colleagues at the University of California, San Diego, have identified a new type of synaesthesia in a man whose emotions give rise to colours, which can take the form of auras surrounding other people.

...


"Some people who claim to be psychic may be telling the truth when they say they can see auras, perhaps they are on this spectrum of synaesthesia," says Elizabeth Seckel, who also worked on the project. They could be empathising with another person's emotions and projecting this onto the person as a coloured aura, adds Miller.


Ref: https://www.newscientist.com/blogs/shortsharpscience/2010/11/auras.html


コメント


・7年前の研究結果なので、現在はもっと新しい情報がある筈だが調べる時間がとれない。

・一部のオーラはこれで説明できるかも知れない。だがソース記事にある共感覚では説明できそうにない事例が多数ある。たとえば、下の過去記事で紹介した abductee で UFO 研究者のケース。何も説明せず、彼の脚を複数の "reiki master"(レイキの高技能治療者)に見てもらったら、彼らの目にはソレ(「ソレ」の説明は面倒。気になる人は過去記事の動画を参照。(追記:すでに動画は消されていたw))が見えた…という彼の証言は共感覚では説明は無理。


Chris Augustin : IT 技術者のアブダクション体験(途中:その1)



はじめに


・Chris Augustin は本業が IT 技術者(システム・アナリスト)。子供の頃から SF 好きで大学ではコンピュータ・サイエンスを専攻した。そして UFO などの超常現象を 15年以上に渡って調査してきた。

・その彼が 1999年以降、

  ・巨大な三角形型 UFO を目撃、

  ・超短時間の時間喪失、

  ・妻と一緒にアブダクションを経験、その際に異星人にも遭遇している

  ・脚にインプラントも見つかった

 という体験をした。

・彼自身は UFO/超常現象研究家であり、アブダクション被害者のための支援者グループの一員でもあるので、通常のアブダクティの体験報告よりも突っ込んだレベルの話がなされており、とても興味深い。

・講演動画を見ればよく分かるが、彼の率直な人柄(彼は動物救援、保護のボランティアもしている)がにじみ出ている。体験した事実と、理解できない事柄、推測などが明確に区別して語られている。彼の講演内容はかなり信憑性が高いと思える。

・さらに彼は本業がシステム・アナリストであり、企業の情報システム構築時の根幹となる問題分析の専門家を務めている。つまり理工科系分析のプロフェッショナル。宗教にいかれた変人や精神世界の住人のヨタ話とは一線を画している。(とはいえ、奥さんに誘われてレイキの集まりに出たりはするw)

...
(2014-08-13)


(2017-03-27)
プロフィール

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR