FC2ブログ

Michael Raduga の OBE 技法は 7年前より大きく改善されていた。

背景


・Michael Raduga の技法については 7年前に、批判者の主張を紹介した上で、以下のように否定的に評価したことがある。


・実験期間がたったの 2日だというのは知らなかった。それで志願者の半数以上が完全もしくは部分的な体外離脱体験をした…というのだから凄い話だ。どう見てもありえないw

・やはり Michael Raduga の実験は杜撰なもののようだ。

ref: Michael Raduga の「アブダクションは夢」説に対する反論記事 (2011-10-31)


・さらに私自身が彼の技法を試して、以下のように判断保留としていた。

・結論を先に述べると、私には Michael Raduga の主張を肯定も否定もできない(補足参照)。

ref: Michael Raduga の体外離脱法を自分で実験してみた (2011-11-03)


・これらの評価は 7年前の彼の技法に対するものだった。

7年前の彼の技法


Michael Raduga : 3日間で体外離脱 (OBE)する方法 (2011-10-31)


3年前の彼の技法は格段に改良されている


・今回、彼の講演・実習セミナー(3年前)の動画を見ると、彼の技法が大きく改善されていることが分かった。

・具体的に言えば、以下のような点が大きく改善されている。

  ・(1) 技法がわかりやすく、かつシンプルになった。特に最初の目標を「鏡を見ること」に絞り込むことはとても効果的。

  ・(2) 実演前の長時間に及ぶ講演で、OBE に至るための「シンプルな行動ルール」を参加者の意識に幾度も繰り返して叩き込んでいる。どんな注意散漫な参加者でも、脳裏にこびり付くしつこさで叩き込んでいる。

  ・(3) 初心者は普通、OBE が生じかける直前の微妙な意識状態の変化に気づかず、取り逃してしまうものだが、それを取り逃がさないために必要な注意点を詳しく親切に説明している。

・今回のセミナー動画で説明されている技法を用いれば、全くの素人でもその 60%-70% は 2週間以内の訓練で(薄いレベルの) OBE なら体験できそうに思える。

Monroe 研究所の "Gateway Voyage Program" と比較すると…


・Monroe 研究所の OBE 習得セミナーですら、参会者の 15% しか OBE に成功しない。それに比べると Michael Raduga の技法は数段、優っているようだ。

ロバート・モンロー: 講習会で参加者が OBE に成功するのは全体の 15% (2014-04-12)

Michael Raduga の技法の要約箇所


・1:17:30 から要約。上述の (1) と (2) が簡潔に語られている。(3)はこの箇所には含まれていない。

講演動画(2:13:58)


・Leave Your Body in 3 Days (1/3) - A Michael Raduga Seminar


関連の過去記事



Michael Raduga : 間接法による体外離脱の方法 (1/1) (2011-11-06)

異星人によるアブダクションは鮮やかな夢、という実験報告 (2011-10-29)

Michael Raduga の「アブダクションは夢」説に対する反論記事 (2011-10-31)

Michael Raduga : 3日間で体外離脱 (OBE)する方法 (2011-10-31)

Michael Raduga の体外離脱法を自分で実験してみた (2011-11-03)

結局のところ、OBE は暇つぶしでしかない?


・OBE には特大サイズの幻想が付き纏っている。OBE によって未知の広大な意識の世界を探求できる…という期待や、隠された真理が明らかになる…という希望が込められている。

・だが、それらは結局のところ儚い幻想に終わるのではないか…私はそう見ている。

・実は、Michael Raduga の主張で最も私の興味を惹くのは、彼の開発した OBE の技法ではない。abduction 現象は( ET/UFO がらみという特殊な)幻覚を伴った OBE だ…という彼の主張の方が興味深い。

・結局のところ、OBE は「別世界を訪れて遊ぶコンピュータ・ゲーム」や「幻覚性薬物によるトリップ」とさして変わらないのではないか。コンピュータ・ゲームとの違いは…

  ・高価なコンピュータやゲーム・ソフトが不要。
  ・時に、シャーマニックな現象、つまり妙な ESP 現象(故人との遭遇や遠隔視、予知の類)を伴うことがある。

 という程度で。随伴する ESP 現象にしても幻覚と分かちがたく混ざり合っているので(ごく稀な例外的事例を除けば)実用性はまずない。

(2018-11-20)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR