ウクライナの原発が二度目の緊急停止

要旨(デタラメ):

・ウクライナにある Zaporizhia 原発はヨーロッパでは最大、世界では 5番目に大きな原発。その原発が二度目の自動緊急停止になった。技術的なトラブルが原因で詳細は調査中。放射能漏れは起きていないと。

・この原発は先日( 11月28日)も緊急停止している。

・ソース記事には下のような憶測も。いくらなんでも冗談だと思うが…w
---
Of course, there is no way to actually know what is happening on the ground as the NPP is located close enough to the "fog of war", that its status, and updates thereof, could merely be part of the fog of war. That said, if there is an unspoken message here by Ukraine, which recently handed over its gold to unknown "Western" interests, and suddenly feels neglected by its western allies (as its central bank head is about to find out personally), it is targeted directly at the IMF: "hand over more loans, or the nuclear power plant gets it."
---

ソース: http://www.zerohedge.com/news/2014-12-28/ukraines-largest-nuclear-power-plant-suffers-2nd-emergency-shutdown-3-weeks

(2014.12.29)

福島原発事故の影響で、米西海岸のセシウム濃度が 100万~1000万倍も増加

はじめに:

・古いデータだが、ネットで影響力のある zerohedge.com の Blog 記事として掲載されているので紹介。



抜粋(デタラメ):

・フランス政府の機関、 IRSN の発表したデータ。
---
Cs-137 levels increased 1,000,000 - 10,000,000 times after Fukushima
---

---
Fukushima Increased Cesium Levels 100 to 1,000 Times Worldwide ... and 1,000,000 to 10,000,000 Times On the U.S. West Coast
---

ソース: http://www.zerohedge.com/news/2014-08-29/fukushima-increased-cesium-levels-100-1000-times-worldwide-and-1000000-10000000-time

(2014.08.30)

北米の西海岸:海水中の放射能レベルの増加は検出されなかった

はじめに:

・過去記事(2014.07.30)で、
  北米の西海岸で海洋生物が大量に減少中、福島原発が垂れ流している放射能のせいか
 を紹介した。

・下に紹介するソース記事では、この危惧にたいする回答がなされているので紹介する。

・政府の発表は疑わしいとして、民間人がカネを出し合い、北米の西海岸の海水を採取して放射能レベルを計測した結果が述べられている。有意な増加は観測されなかったという。

・サンプルの放射能レベルを実際に計測したのは "Woods Hole Oceanographic Institute"
  
ソース:http://learningenglish.voanews.com/content/testing-water-puget-sound-fukushima-radiation/1968730.html



コメント:

・ソース記事は VOA で、米政府の代弁メディアだが、このソース記事の内容自体は信じて良い筈。

・ソース記事の末尾に記載されている、昆布に含まれるセシウム、ストロンチウムを計測するプロジェクトの話は興味深い。
---
Another project uses seaweed plants as a radiation detector. Kelp Watch has expanded from its beginning at several California universities. It now examines cesium levels off the coast of Washington and near Vancouver Island in Canada. Brown seaweeds are known to keep cesium, strontium and iodine in their tissues. But Kelp Watch says all of the kelp it has examined so far showed no signs of radiation from Fukushima.
---

(2014.08.06)

北米の西海岸で海洋生物が大量に減少中、福島原発が垂れ流している放射能のせいか

はじめに:

・ここ数年で、北米の西海岸(アラスカからメキシコまでに及ぶ)の多種の海洋生物が大量に減少しているのが観測されているという。科学者にも明確な原因は掴めていない。

・記事では福島原発事故の影響を強く疑っている。海流のシミュレーションなどからも放射能が西海岸にたどり着く時期と一致しているともいう。

ソース: http://endoftheamericandream.com/archives/why-are-massive-numbers-of-sea-creatures-dying-along-the-west-coast-right-now

(2014.07.30)

福島原発:欧米の専門家は核燃料の取り出しミスで北半球の終わりになるかも…と深刻に懸念

要旨(デタラメ):

・欧米の原発専門家と報道機関(CNN など)が、東京電力による核燃料取り出し作業に深刻な懸念を抱いている。わずかな作業ミスも北半球全体に人間が住めなくなる事態を招くとしている。

・東京電力のような腐敗し、堕落しきった企業にこんな危うい作業を任せてはおけない…これが専門家のコンセンサス。







ソース: http://www.zerohedge.com/contributed/2013-11-08/we%E2%80%99re-most-dangerous-moment-cuban-missile-crisis

(2013.11.09)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR