Elisa Lam 事件の詳細なドキュメンタリー (途中:その1)

はじめに




抜粋(デタラメ)


・20:00 あたり。エレベータ・ゲーム説。

・同様の事件が他国で 2例。

・32:00 現地でこの事件の直前に蔓延した病気(肺結核)。医療研究機関が、それを LAM-ELISA と命名。偶然にしては出来過ぎ。
20170815_lisa_tb_name.jpg


動画(56:00)


・Elisa: The Documentary


(2017-08-15)

Elisa Lam 事件:警察が公表した監視カメラ映像(動画)

はじめに


・記録された Elisa Lam が生きている時の最後の姿。幾つもの不可解なシーンが写っているので紹介する。

該当箇所


・10:40 から。動画の再生開始時刻を設定済み。

動画(56:00)


・Elisa: The Documentary


(2017-08-15)

全長 40cm 弱の美しい蝶に手で触れた。撮影を試みたがカメラが突然不調に

はじめに


・…という珍しい話を記録しておく。

・両羽を伸ばすと 40cm 弱の巨大な蝶が自宅の玄関先の柱に止まっていた、夫婦が一緒に目撃しているので錯覚ではないと。

・手で触れたが逃げもせず、鱗粉は皆無だったと。触れた感触は皮膚のように滑らかで、羽や綿毛の感触は無かったと。

・カメラで撮影しようとしたが、なぜか電源が入らず。電池を交換したが同じ。(カメラは翌日には正常になっていた)

一部引用



Mystery Oversized Moth-like Creature Reported in Pennsylvania



20170813_large_moth.jpg


The moth looked to be about 11 inches long and about 5? inches wide in the area that was described as the shoulders. The overall shape gave the impression of looking like an hour glass figure. They also noticed that there were either two antennas or pointed ears located around the top of the head area that appeared to be about one inch in length. The head appeared to be tucked inside the body while it was resting. The observers estimated that the wingspan would have been around 15 inches when open.

The wife called her husband out to also observer the creature. The wife thought that the creature was beautiful, and that the color was a pale green iridescent on the outer part of the wings and a cream color skin texture in the middle. The man said he was amazed at what he saw and had never seen anything like it before. They said the best way to described it was “like an overgrown moth.”

They continued to watch the winged creature that appeared to be sleeping. His wife then touched the creature which she said felt smooth. The wings actually felt skin-like, not like feathers or fuzz. The witnesses could not see through the wings. The creature did not move when touched. The woman also noticed that there was no powdery material on her hands that you generally get from coming in contact with the wings of a moth.

The couple had to leave the house for a while. Before they left however his wife went into the house to get a camera to take a picture of the strange winged visitor. The woman stood about a foot away from the creature and turned on the power switch but the camera would not turn on. The camera had always worked well so they replaced the batteries. The camera still it would not turn on. The next day they tried the camera again and it powered up as normal and worked fine.


Ref: http://www.phantomsandmonsters.com/2017/08/weekend-2-cents-mystery-oversized-moth.html


(2017-08-13)

古代エジプトの彫刻には精密な 3次元測定技術と加工技術が使われていた

はじめに


・この件は過去記事の中でオマケ的にチョロッと紹介したような気がするが、下の画像のような彫刻には現代レベルの 3次元測定技術と加工技術が必要だ…という話はしていなかった筈。

・たしか素材は花崗岩(うろ覚え)で、当時の加工ツールは銅製のタガネのみ。歯が立たない。まして硬い花崗岩にこのような高精度の 3次元の彫刻を施すのは不可能だと。

抜粋(デタラメ)


・25:00 あたり。動画の再生開始時刻を設定済み。

・顔が完全に左右対称(それも 3次元レベルで)加工されている点に注目すべきだと。このような加工をするには加工ツールのみならず、精密な 3次元測定技術がなければ不可能だ…これが石材加工の専門家の判断。人間の手による熟練技や職人技だけでは無理だと。

20170803_stn_file_cut1.jpg

20170803_stn_file_cut2.jpg

20170803_stn_file_cut3.jpg

20170803_stn_file_cut4.jpg

20170803_stn_file_cut6.jpg

20170803_stn_file_cut5.jpg


ドキュメンタリー動画(1:07:35)


・Everything you've been taught about ancient history is a lie PT.1 Link to part 2 in description


(2017-08-08)

エジプトのピラミッドの側面は 4面ではなく 8面だった

はじめに


・…という話を紹介する。全てのピラミッドがそうなのかどうかは不明(基本的に動画は飛ばし見しているので、聞き漏らす内容も多い)。

抜粋(デタラメ)


・14:20 あたり。動画の再生開始時刻を設定済み。

・偶然、撮影された写真が下。ピラミッドの側面の影に注目。


・側面が 4面ではなく、8面になっている。この現象が見えるのは年に 2回(春分と秋分の日)だけ、それも数秒間のみ。決められた日時に、このような影が見えるようにピラミッドを建てるためには現代のコンピュータ技術が必要となる。

・偶然だという学者もいるが、専門家たちは偶然説を批判。

20170803_pmd_8pln.jpg


20170803_pmd_8pln2.jpg



ドキュメンタリー動画(1:07:35)


・Everything you've been taught about ancient history is a lie PT.1 Link to part 2 in description


(2017-08-08)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR