1964年9月15日、カリフォルニア:UFO がテスト発射した ICBM を撃墜 (+追加1)

Update


・(2017-11-07 追加)
  ・この件に関するより詳しい動画を追加。
  ・ついでに、この件に関する 3つの過去記事を引用。

1964年9月15日、カリフォルニア:UFO がテスト発射した ICBM を撃墜


はじめに


・UFO が 1945年から2012年7月まで継続的に、空軍基地の核兵器や核ミサイル施設の上空に出現して運用を妨害、干渉した事例がソースには列挙されている。

・その記事の中から UFO が ICBM を撃墜させた事件が個人的に興味深かったので紹介する。ソースに記載された他の事件も興味深いが記事が長く、翻訳は面倒だし。

要旨(デタラメ)


・1964年9月15日、カリフォルニア州にある Vandenberg 空軍基地で行われた ICBM のテスト発射の際に UFO が偶然、撮影された。

・その記録映像には次のようなシーンが映っていて、極秘扱いにされた。

・ミサイルの核弾頭部分(ダミーで実際の核弾頭は搭載されていない)がブースター部分から分離した直後、ドームがついた円盤状の物体が核弾頭の周囲を旋回した。

・その UFO は 4回、電撃のような凄まじい光を核弾頭に直接ぶち当てた。直後、ミサイルは目標の数百マイル手前の位置の太平洋に墜落した。

・CIA の調査官がこのフィルムを確認している。

・以上は Robert Jacobs(元空軍少尉 or 中尉)と Florenze Mansmann(退役:少佐)からの情報に基づいている。

原文



September 15, 1964: A UFO was inadvertently filmed during an ICBM test flight at Vandenberg AFB, California. The footage, classified Top Secret, showed a domed-disc object circling the dummy nuclear warhead shortly after it had separated from the booster. The UFO then directed four lightning-like bursts of light at warhead, whereupon it tumbled into the Pacific Ocean, hundreds of miles short of its intended target. CIA agents confiscated the film. (Former USAF Lt. Robert Jacobs and retired Maj. Florenze Mansmann)


ソース


http://www.theufochronicles.com/2012/10/ufo-activity-at-nuclear-weapons-sites.html" target="_blank" title=" http://www.theufochronicles.com/2012/10/ufo-activity-at-nuclear-weapons-sites.html"> http://www.theufochronicles.com/2012/10/ufo-activity-at-nuclear-weapons-sites.html

(2012.10.06)




1964年:飛行中のミサイルが UFO に撃墜されるシーンが撮影されていた


・下の動画の 33:57~

・当時、Robert Jacobs (1st Lt.:大尉)は Vandenberb 空軍基地に所属しており、アトラスミサイル(ICBM :大陸間弾道ミサイル)の発射状況を地上から望遠鏡で撮影する任務についていた。
20130224_Atlas_missile_launch.jpg

・本来、ミサイルには核弾頭が装備されるが、この時はダミー弾頭が装着されていた。

・撮影したフィルムを現像し届けた翌日、彼は異様な会議に呼ばれた。灰色のスーツを来た2人の男が同席していた。そこでそのフィルムが上映された。撮影した時には Robert Jacobs は気づいていなかったが、望遠鏡で撮影した映像には UFO がダミー弾頭に接近し、光線を放射して撃墜しているシーンが含まれていた。

・ミサイルはこの時、160マイル上空を、時速 11000~14000マイルで飛行していた。そこに円盤型の物体が近づいてきて光線を 2度放射、撃墜したシーンが上映された。
20130222_missle_down2.jpg
  (再現図)


・彼はこの席で、この映像をどう思うと聞かれ、UFO みたいだ、と答えた。彼はこの件は誰にも話すな、と警告された。

・この時の UFO に関する資料。
20130222_missle_down.jpg



(2013.02.24)





否定派の意見:UFO による核ミサイルの遠隔操作や介入の事実は無かった(途中:その1)







・ついでなので、この機会に核ミサイルに関連した次の事件について補足しておく。

 1964年9月15日、カリフォルニア:UFO がテスト発射した ICBM を撃墜 (2012.10.06)
 という意見に対して

 UFO が ICBM を撃墜した 1964年の事件は捏造、という関係者(途中:その2) (2013.06.04)

 という反論がなされている。例によって反論の記事は途中で放置したままだが、反論の趣旨は

  ・UFO が ICBM をレーザー光線で破壊したとしてもレーザー光線自体は見えない筈。

  ・撮像管の特性から、証言にあるような現象は記録されえない筈。

 というもの(一年近く前なので記憶がかなり曖昧)。だが、この反論にも次のような欠点がある。
 
  ・レーザー光線だと決めつける根拠に欠ける。UFO が目視可能なビームを放つシーンは複数の事件で報告されている。

  ・撮像管の特性云々は推定に推定を重ねた上での議論であり実証されたものではない。

 さらに重要なのは、この最初の証人の上司を含め、複数の人物がこの証人の発言を確認する証言をしている(そのシーンの動画を過去記事で紹介した記憶がある)という点。最大の問題は物証がないということ。

(2014.04.07)









(以下、2017-11-07 追加分)

はじめに


・この件に関するより詳しい動画を見かけたので追加しておく。

・以下の内容が目新しい。
  ・観測に用いた特殊大型カメラで ICBM を追跡する状況の動画。
  ・UFO の形状の詳細。
  ・ダミー弾頭を攻撃する時に UFO が姿勢を変化させた事。
  ・上で言及した「灰色のスーツを来た2人の男」は CIA の人間。

抜粋(デタラメ)








該当箇所


・21:00 から。動画の再生開始時刻を設定済み。

pic

動画(48:58)


・The New UFO Documentary the Elite Hoped Would Never Be Aired in Public


コメント


・この証言者は軍を除隊後、大学教授になっていたというので社会的な信頼度は高い。うろ覚えだが、証言時には大学教授の身分だった筈。

(2017-11-07)

履歴


(2012.10.06) 作成
(2013.02.24) 作成
(2014.04.07) 作成
(2017-11-07) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR