Donald Hoffman:現実世界も物質も時間も空間も因果律も真実(根元的実在)ではない。仮構だ。

はじめに


・最近(Published on Oct 2, 2017)up された Donald Hoffman の講演動画の中からタイトルの件に絞って紹介する。

・この記事に続く幾つかの記事で Donald Hoffman の主張をテーマごとに分けて紹介するが、後の記事になるほど眉唾度が高くなるように並べた。そして最後の記事で総評を行う。

・したがってこの記事の主張は まだ眉唾度が低い。

抜粋(デタラメ)


・この物理的な現実世界も、時間も空間も真実(根源的実在)ではない。それらは真実を隠蔽しているのだ。真実は厄介で複雑で取扱が困難。それを隠蔽して手軽に扱えるようにしたものが物理的な現実世界であり、時間であり、空間。

・PC のデスク・トップと同じ。デスク・トップで書類が青いアイコンで表示されるが、本物の書類は青くもないし、アイコンの形をしているわけでもない。書類の実体は膨大なソフトウェアとハードウェアによって実現されているが、人間がそれらを直接扱うのは厄介すぎる。そこで書類のアイコンのメタファーによって扱いを容易にしている。

・現実世界が真実ではないのなら、走行中の列車の前に立ってみろよ…という批判に対して。書類アイコンはメタファーであり真実ではないが、安易にゴミ箱に入れると長時間の作業結果が失われてしまう。それと同じ意味で現実世界は真実ではないが、慎重に扱う必要がある。


・19:00 時間も空間も根源的な実在(=真実)ではない。物質も因果律も根源的な実在ではない。時間、空間は人間という種に固有の、いわばデスク・トップ(メタファー)にすぎない。物体はアイコンに相当。

・33:00 「物体」は(アイコンと同様に)複雑な真実を単純化するための解決策だ。

20171028_sim_0.jpg


20171028_sim1a.jpg

20171028_sim2.jpg


20171028_synes.jpg

20171028_sim_1829.jpg

20171028_sim_1937.jpg

20171028_sim_1954.jpg

20171028_sim_2230.jpg

20171028_sim_2419.jpg

20171028_sim_2505.jpg

20171028_sim_2524.jpg

20171028_sim_2556.jpg
20171028_sim_3324.jpg




講演動画(38:00)


・The Death of SpaceTime & Birth of Conscious Agents, Donald Hoffman


(2017-10-28)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR