Richard Doty:Cash-Landrum 事件の UFO の正体は回収 UFO をリバース・エンジニアリングした政府の試作機だった (途中:その1)

はじめに


・つい最近(Published on Oct 23, 2017) up された Richard Doty の長時間インタビュー動画の中から、タイトルの件に絞って紹介する。

・Cash-Landrum 事件の UFO については下の過去記事群を参照。

  1980年12月29日、テキサス州:ダイアモンド型巨大 UFO の目撃者達が放射線障害に(統合版) (2012-07-14)

  2017/07/15 : UFO : 核推進ロケット開発計画(Project Orion):実験の動画映像

  2015/08/15 : UFO : Budd Hopkins:UFO 否定論者が UFO による放射線被害者を人格攻撃・侮辱 (途中:その1)

  2013/11/15 : UFO : 1980年12月29日、テキサス州:ダイアモンド型巨大 UFO 事件に対する否定論者の意見(途中:その1)

  2013/07/19 : UFO : 1980年12月29日、テキサス州:UFO 目撃者達の放射線障害に関する医師の発言(途中:その1)











・とりあえず、メモ書き。


抜粋(デタラメ)







・57:50 から。1980 年の Cash-Landrum 事件の UFO の正体は政府の試作機。回収した UFO をリバース・エンジニアリングしたもの。それに地球産の核推進エンジンを取り付けた。空軍のパイロットが登場。推進システムが故障。

・1:30:30 からも。4人の関係者(この試作機のパイロットを含む)にインタビューした。高速時は正常。低速時にトラブル発生。ヘリを呼んだ。パイロットはこの試作機のために 9カ月訓練。マッハ 1 。乗員に放射能障害は無かった。

インタビュー動画(1:34:39)


・Richard Doty : Air Force Office of Special Investigations


(2017-10-25)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR