Natalie Sudman:臨死体験で「重症を負う人生」を選択したことを思い出した (途中:その1)

はじめに


・現地開発業務のために民間人として中東の戦地に赴き、厳重に護衛された車で移動中に路上に設置された爆弾が爆発。この爆発に巻き込まれ臨死体験した女性の講演からタイトルの件を紹介する。

・彼女はこの負傷によって、今現在も片目が正常に見えず、頭蓋骨に穴が空いており(33:00)…という状態。

・以下、とりあえずメモ書きレベル。

抜粋(デタラメ)


・27:00 臨死体験中、負傷する人生を選択したことを思い出した。

・27:05 光の存在との出会い。戦地に赴き、爆発で車両が吹き飛ばされ負傷する人生を選択していたことを思い出した。

・40:00 深層では体験を楽しんでいる。

・44:20 まで。以後は質疑応答。

講演動画(1:02:03)


・The Near Death Experience in Iraq That Defies Belief [FULL VIDEO]



動画のメモ



Natalie Sudman had quite an unusual near-death experience in the moment when her truck hit the bomb. She did not experience the typical out-of-body experience where she might have been floating above the scene before rushing through a tunnel toward the light. Instead, Natalie simply blinked from one environment to another instantly, finding herself on a sort of stage addressing thousands of other spirits who seem to be studying her experience vicariously.

Natalie then describes a sort of download of information. She calls it a “transfer of information in the form of an inexplicably complex matrix”. The information included “events, thoughts, incidents, individuals, and groups in all their relationship complexities: stories, concepts, connections, nuances, layers, judgements, and projections. It included kinetic equations and dimensions and symbols and flows.” or as she says later, “might be very broadly understood as cultural and political information.”



コメント


・彼女の主張には本質的な矛盾が含まれているが、本人はそれを認識していない。それは…





(2017-10-04)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR