Natalie Sudman:典型的な臨死体験の罠 (途中:その1)

はじめに


・精神世界ファンが感動するような臨死体験話は、そのほとんどが巧妙な罠。

・直前で紹介した Natalie Sudman の講演も「臨死体験に登場する巧妙な罠」の典型例となっているので、具体的に取り上げて説明する。

・例によってメモ書きレベル。

抜粋(デタラメ)


・9:00 光の存在に、この世に戻ることを強く要請された。

・12:00 ~ 15:30 全ては完全、全ての出来事には価値がある。全ては一つ。

・思考や行為が物理世界、超物理的世界に波及してゆくさまを理解した。

・26:50 人生は単なる映画の役者のようなもの。リアルなものではない。物語だ。どんな悲惨な人生も、わすか数十年の間の物語に過ぎない。

・40:00 深層ではどんな悲惨な体験でも、それを楽しんでいる。








講演動画(1:02:03)


・The Near Death Experience in Iraq That Defies Belief [FULL VIDEO]


巧妙な罠







(2017-10-04)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR