Stefan Molyneux:子供を作らない人生は虚しい (途中:その2)

Update


・(2017-09-26 追加)Stefan Molyneux の主張の細部を追加。


はじめに


・Stefan Molyneux は哲学の追求者を自認しているが、いわゆる懐疑的理性主義者ではなく、伝統的価値観に沿ったモラリストに近い…というのが私の判断。

・Stefan Molyneux の主張や議論を聴いていて感じるのは「中庸」。それも儒教で説く中庸ではなく、Aritotle の説く中庸(Stefan Molyneux は Aritotle を高く評価している)。

・彼は中庸であるがゆえに、良い意味でも悪い意味でも凡庸な主張になる。彼のモラリスト的主張が良い意味で凡庸なら、伝統的価値観に囚われているという点では悪い意味で凡庸。

・Stefan Molyneux の中庸(or 凡庸)な面がよく顕れているのが、彼のタイトルの主張。

抜粋(デタラメ)


・先日、私(Stefan Molyneux)は 51歳の誕生日を迎えた。この年になってしみじみと実感することがある。そして、その実感に基づいて若い人々に警告しておきたいことがある。ここで視聴者にそれを伝えたい。

・先日、9歳になる娘をつれて遊びに出かけた。それはごく平凡で日常的なものだったが、娘の成長の様子を見ながら、一緒に過ごす時間が私には無上の至福だ。こんな親子の当たり前の日常が無上の至福になるなんて、若い頃には想像できなかった。

・経済的にも子供を育てるのはますます大変になってきた。それもあって近年、子供を作らない風潮が蔓延してきている。子供は手間とコストがかかり、犠牲が大きすぎる…と考える人々が増えた。

・だが、彼らは 40代、50代と年を重ねるにつれて真実を悟る。子供を作らなかった人々は残りの人生を激しく後悔しながら過ごすことになる。その実例を何度も見てきた。







動画(14:58)


・An Important Birthday Message From Stefan Molyneux



おまけ


・Stefan Molyneux も時の流れの速さについて言及していたので、ついでに…。上の動画で思い出した話が下。

・ある時、C2C のキャスター(たぶん Jimmy Church )が、番組の中でしみじみと語っていた。こんな内容。

・今週末、娘の結婚式がある。

・時の流れの速さに呆然とする。娘がオシメをして居間を這い回っていたのは、つい昨日の事なんだ(それが実感なんだ)。

・それがもう、結婚だ…。


コメント


・Stefan Molyneux の子供を作るべきだ…という主張は、彼自身の実感的体験や知り合いの告白に基づいたもの。それらの実感や告白は間違いなく、本音であり事実だろう。

・「まともに人生経験を重ねた人間なら、いずれ子供と一緒に過ごす時間が至福になる」…という彼の話を嘲笑する大人はいない筈。青年であっても、まともな人間なら実感できないとしても、否定はしないだろう。例外は家庭環境がよほど酷い場合か、本人が屑な場合くらいで。

・だが…。Stefan Molyneux のこの動画での主張はせいぜいが 50% の正当性しか持たない。つまり彼の主張の半分以上は正しくない。







履歴


(2017-09-25) 作成
(2017-09-26) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR