Charles Hugh Smith:中国元がドルに取って替わって国際決済通貨となることはない

はじめに


・昨日の過去記事で、数年後には中・露によるドル決済離脱の動きが本格化し、ドル需要が下落する…という Marin Katusa の予測を紹介した。

  Marin Katusa:数年後には、ドルの下落がやまず、Gold 需要が急増するだろう (2017-09-22)

・Gold で裏付けた 中国元の登場によって、国際決済通貨としてのオイルダラー体制が揺らぐ…という予想を頻繁に目にするようになった。

・だが、Gold で裏付けた 中国元が、国際決済通貨としてのドルに取って替わることはない…という主張を紹介する。

・その理由を一言で言えば、お馴染みの "Triffin's Paradox"(国際通貨システムのトリレンマ)。

一部引用



The Demise Of The Dollar? Smith Warns "Don't Hold Your Breath"


The demise of the U.S. dollar has been a staple of the financial media for decades. The latest buzzword making the rounds is de-dollarization, which describes the move away from USD in global payments.

De-dollarization is often equated with the demise of the dollar, but this reflects a fundamental misunderstanding of the currency markets.



So let's wrap this up. To understand any of this, we have to start with Triffin's Paradox, a topic I've addressed numerous times here. The idea is straightforward: every currency serves two different audiences, the domestic economy and the FX/global economy. The needs and priorities of each are worlds apart, so no currency can meet the conflicting demands of domestic and global users.

Ref: http://charleshughsmith.blogspot.com/2017/09/the-demise-of-dollar-dont-hold-your.html


コメント


・Charles Hugh Smith の主張は Marin Katusa の予測を否定するものではない。中国もドルを全面的に元で置き換えようなどとは考えていない。少なくとも当面の間は。

・現段階で中国や露が狙っているのはドル支配の影響力を少しずつ掘り崩すこと。つまり経済的なパワーバランスの均衡化を目指しているのであって、経済的覇権の奪取ではない。

(2017-09-23)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR