14300万人分の個人情報をリークさせた信用調査会社の重役がやったこと (+追加)

Update


・(2017-09-14 追加)後日談を追加。

抜粋(デタラメ)


・Equifax は 14300万人分の個人情報(氏名、誕生日、住所、社会保障番号、クレジットカード番号)をリークさせた信用調査会社。この情報リークは外部からのハッキングによるもの。この会社は同じような情報リークを去年から続けて 3度も引き起こしてきた。

・今回、情報リークが発覚してから社外に公表するまでに、たっぶり 10週間もかけていた。その間、被害者が増えることは完全に無視していた。だが、この会社の重役が発覚直後に直ちに手を付けたことがある。

・それは、3名の重役が発覚直後に自社株(2億円相当)を売却していた。当然、インサイダー取引で違法。

一部引用



Bear in mind this is the THIRD TIME in 16 months that Equifax has been hacked? there was another breach earlier this year, and another in May 2016.

Even worse? this wasn’t an overnight attack. Hackers spent MONTHS probing the Equifax network, burrowing deeper into the system and gaining access to more and more data with each attempt.

Yet Equifax’s defenses failed to detect anything.

Finally on July 29, a whopping TEN WEEKS after the attacks started, Equifax realized that something was wrong.

Senior executive responded to the data breach by… selling their stock.

Yes, in the days following their discovery of the hack, three of the company’s executives sold nearly $2 million worth of stock.

fig

Ref: https://www.sovereignman.com/personal-resilience/with-scumbags-like-this-its-easy-to-understand-why-bitcoin-is-at-4600-22377/



(2017-09-10)



(以下、2017-09-14 追加)

はじめに


・この件の反響を簡単に追加しておく。

・どうやらトップの辞任は避けられそうもない雲行きに…w

・なお、ソースは記録していない。

反響


・この件で多数の集団訴訟がなされる模様。

・連邦議会の議員がこの件で「誰かが刑務所に入らねばならない」と発言。

・この会社は何度も情報リークを引き起こしてきたが、対策のための出費を惜しんで、問題を放置していたことに批判が集中。

コメント


・こういった事態に備えるために、この会社はせめて日頃からマスメディアと議会には餌を与えておくべきだった。彼らに餌さえ与えておけば、悪いのはハッカーで会社は被害者だ…というふうに世論を誘導してもらえた筈。餌の出費まで惜しむからトップが追い詰められ、公的機関からも(ほとぼりが冷めるまで)締め出されることになる。

 (念のために追加しておくが、これは皮肉)

履歴


(2017-09-10) 作成
(2017-09-14) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR