Whitley Strieber:マンハッタンの街中で突然に馬車が行き来する過去へタイム・スリップした (途中:その1)

はじめに


・Whitley Strieber が彼の体験したタイム・スリップを語っているので記録しておく。

抜粋(デタラメ)


・1983年3月のある朝方の事だった。ニューヨークのマンハッタンの街中を銀行に向かって(歩いて)いた。

・交差点で止まった時、彼のすぐそばに全身黒ずくめの服装の女がいた。その女は突然現れたように感じた。次に凄まじい、きしみ音が聞こえてきた。






該当箇所


・39:50から 44:52 まで。動画の再生開始時刻を設定済み。

動画()


・Unfortunately for Physicists there is the Evidence of Time Travel


コメント


・Whitley Strieber の(この事例とは別の)タイム・スリップ体験は下の過去記事でも紹介した。




(2017-09-08)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR