1924年7月16日、ワシントン州:ビッグフットが小屋を襲撃、反撃して 1体を射殺

はじめに


・…という事件を紹介する。

・なお、射殺したビッグフットは峡谷に落ちたため、遺体は見つかっていない。

・この事件に関する複数のソースが引用されており、かなり詳しい。

一部引用



20170907_bf.jpg

20170907_bf2.jpg

20170907_bf3.jpg


Ape Canyon is actually a gorge along the northeast shoulder of Mount St. Helens in Washington state. Of course, the name “Ape Canyon” didn’t come from just anywhere. The name refers to a supposed encounter between a group of miners and several 'apemen' in 1924, an event eventually integrated into Bigfoot folklore.

Ref: http://www.phantomsandmonsters.com/2017/09/chilling-bigfoot-encounters-mt-rushmore.html


コメント


・現地の悪ガキの悪戯だ…という説が下。

William Halliday, director of the Western Speleological Survey, claimed in his 1983 pamphlet Ape Cave and the Mount St. Helens Apes that the miner’s assailants were actually local youths throwing rocks, which camp counselors bringing kids on hiking trips to the Canyon also tried to impart.


・だが、射撃の手応えがあった…という証言が事実なら悪ガキ説は成立しない。

(2017-09-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR