James Rickards:毛沢東の反対派炙り出し策略と、仮想通貨に対する支配層の策略

はじめに


・Bitcoin などの仮想通貨は中央銀行による金融支配から脱して、民衆の手に金融の自由をもたらす革命だ…といった類の舞い上がった話が盛んに吹聴されている。

・だが、そういった甘い話に惑わされるな、政府はもっとしたたかだ。毛沢東の策略を見よ! 支配層は毛沢東と同様の策略を練っている…というJames Rickards の記事を紹介する。

・その前に…。毛沢東の反対派炙り出し策略(百花斉放百家争鳴)を知らない読み手も多いと思うので、それを最初に簡単に引用しておく。


百花斉放百家争鳴(…)とは、1956年から1957年に中華人民共和国で行われた政治運動。中国語では百花運動(…)とも呼ばれる。「中国共産党に対する批判を歓迎する」という主旨の内容であり、これを受けて国民は様々な意見を発表したものの、百花運動の方針は間もなく撤回され、結局共産党を批判した者はその後の反右派闘争で激しく弾圧された。

Ref: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E8%8A%B1%E6%96%89%E6%94%BE%E7%99%BE%E5%AE%B6%E4%BA%89%E9%B3%B4





中国共産党の百花斉放、百家争鳴に関して中国共産党の百花斉放、百家争鳴運動に関しての質問です。双百は、民主派からの中共批判が噴出し、結局反右派闘争という弾圧に流れる歴史過程は理解しているのですが、この双百運動に関して、中共は何を目論んでいたのでしょうか?

①当初は本心から自由な批判、討議を目論んでいたが、
予想外に中共への批判が辛辣過ぎて、結果反右派弾圧に走らざるを得なくなった。

②当初から双百は、「右派」あぶり出しを企図していた。中共への批判があることは織り込み済みで、むしろそういった不平不満分子を根こそぎ根絶する為の運動だった

③その他

上記のどれが正しいのでしょうか?



答えは②です。これは中国共産党の一党独裁、権力集中のための謀略だったのです。中国共産党では民主的な自由な議論など全く望んでいない。単に民主主義者、自由主義者をあぶりだすための罠です。こういう卑劣で陰険な手口で権力を奪取するのが共産主義の政治手法です。

Ref: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1233437667


抜粋(デタラメ)


・James Rickards による、毛沢東の反対派炙り出し策略の説明が下。


In 1958, Mao Zedong, the leader of the Communist Party of China and China’s dictatorial leader was confronted with demoralized intellectuals and artists who were alienated by Communist rule. As a policy response, he declared a new policy of intellectual freedom.

Mao declared, “The policy of letting a hundred flowers bloom and a hundred schools of thought contend is designed to promote the flourishing of the arts and the progress of science.”

This declaration is referred to as the “Hundred Flowers Campaign” (often misquoted as the “thousand flowers campaign”). The response to Mao’s invitation was an enthusiastic outpouring of creative thought and artistic expression.

What came next was no surprise to those familiar with the operation of state power. Once the intellectuals and artists emerged, it was easy for Mao’s secret police to round them up, kill and torture some, and send others to “reeducation camps” where they learned ideological conformity.

The Hundred Flowers Movement was a trap for those who placed their trust in the state.

It was also a taste of things to come in the form of the much more violent and comprehensive Cultural Revolution of 1964?1974 in which all traces of Chinese bourgeoisie culture and much of China’s historical legacy were eradicated.



・その上で、支配層は仮想通貨に夢を持たせて罠に誘い込み、後に完全支配の道具にするだろうと。

This paper should be viewed as the first step in the IMF’s plan to migrate its existing form of world money, the special drawing right or SDR, onto a DLT platform controlled by the IMF. In time, all other forms of money would be banned.

These and other developments all point toward an elite group including the IMF, JPMorgan, the Davos crowd, the IRS, SEC, and other agencies converging to shut down the existing free-wheeling blockchain ecosphere, and replace it with a “permissioned” system under “consortium” control.

Big Brother is coming to the blockchain.


ソース


https://dailyreckoning.com/global-elites-secret-cryptocurrencies/

(2017-09-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR