Martin Armstrong:IMF の SRD が米ドルに取って代わることはない

はじめに


・去年に収録されたと思しき Martin Armstrong のインタビュー動画の中からタイトルの件を紹介する。

・基軸通貨として IMF の SRD が米ドルに取って代わる…という予想は James Rickards などが盛んに唱えており、過去記事で何度も紹介してきた。

・だが、Martin Armstrong は下のインタビューで、そういった予想を完全否定している。

抜粋(デタラメ)


・27:00 から。動画の再生開始時刻を設定済み。

・経済崩壊は US 以外の国家から起きる。

・30:30 米ドルが実質的に唯一の備蓄通貨だ。次回、世界的な経済危機が発生すれば FRB が実質的に世界の中央銀行になる。腐敗した IMF ではない。

・IMF の SRD は主要通貨のバスケットでしかないから備蓄通貨にはなれない。

動画(37:25)


・The Next Great Depression Is Going To Be A Collapse Of Bonds And Governments Martin Armstrong



コメント


・私は過去記事でも述べたが James Rickards の

  ・IMF の SRD 絡みの予想や、
  ・対中国を考慮した西側諸国の Gold 価格統制論

 は彼の本音ではなく、中国に対する一種の情報撹乱だと思っている(彼は情報機関と密接な繋がりを自慢してもいる)。したがって James Rickards のそういった主張(当然、論旨にも不自然な飛躍がある)は真に受けない。

・なので、米ドルと IMF の SRD の関係については James Rickards の予想よりも Martin Armstrong の予想の方を私は受け入れる。

・さらに全体的に見ても James Rickards よりも Martin Armstrong の方が洞察力において優っていると思える。

(2017-08-28)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR