David Stockman の Steve Bannon に対する論評

はじめに


・David Stockman の Steve Bannon に対する論評を紹介する。

一部引用



There’s not many tears being shed over Steve Bannon’s departure. His ethno-nationalist and protectionist worldview are opposite to true notions of liberty, free markets and a minimalist state.

While Bannonism presented itself as a coherent alternative ideology to mainstream Big Government, it actually boiled down to an incoherent potpourri of cultural resentments and prejudices, economic shibboleths and amateur historical theorizing. His message appealed to the alt-Right because it proposed to replace oppressive statism with a more right wing version rooted in protectionism and nativism.

Notwithstanding the rotten essence of Bannonism, however, the firebrand self-promoter who was the Donald’s chief strategist got it right in his parting shots at his internal White House enemies. In so many words, he correctly asserted that the nation will now be ruled by a Goldman Sachs Regency and a team of generals.

Ref: https://dailyreckoning.com/goldman-sachs-regency/


コメント


・ずいぶんと辛辣な評価だが、これが良心的知識人を自認する人々の間で一般的な Steve Bannon に対する見方なのだろう。

・David Stockman の主張は正しい、平時ならば。だが、混乱・混迷を迎えつつある世界では David Stockman の主張はもはや適用できなくなる。そこで Steve Bannon のような過激な人物の出番となる。

・時代の変化にともなって Trump や Steve Bannon のような人物が出現するところを見るとアメリカはまだ自己変革の可能性が途絶えていない。一方、日本は…

(2017-08-24)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR