FC2ブログ

メモ:キリスト教における「邪悪な存在」と神

・以下、自分用メモ

・聖アウグスティヌスが有名な言葉で、はっきり言っているごとく、邪悪の根本的な存在を認めることは必然に神の観念を二つの陥穽の中のいずれかに陥れる結果になる。すなわち邪悪がこの世の中に存在するのは、
 「神が邪悪を廃することを欲しないか、廃することができないか、どちらかである。もし彼がそれを欲しないのであれば、神は善ではない。もし彼がそれをなし得ないのであれば、神は全能ではない。」

出典:岸本英夫 『岸本英夫集 第二巻 神秘主義とヨーガ』 渓声社 248頁


・邪悪は現に存在する。ゆえに善にして万能な神は存在しない…と結論すれば簡単なのだが、それをやれば一神教は土台から崩壊してしまう。この世を支配する神は邪悪な神なんだよ、とカタリ派のように言ってしまえば楽になるのに…w

(2012.2.1)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR