Mahatma Gandhi(ガンジー)の異常な性への執着 (途中:その2)

はじめに


・非暴力主義で、イギリスからインドの独立を勝ち取った Mahatma Gandhi について、一般に知られてない話を紹介する。

抜粋(デタラメ)


・彼は異常なほど性に執着心があった。それを示す幾つものエピソードがある。具体的には…






・22:30 彼は底なしの人種差別主義者だった。黒人蔑視も甚だしかった。

・彼はヒンズー教徒だったので、カースト制度を擁護していた。

・25:50 Mahatma Gandhi の人種差別発言の引用。


動画(42:34)


・The Truth About Gandhi


おまけ


・42:30 Picasso は(悪い意味で)怪物だった。

コメント


・彼はヒンズー教徒だが、イギリス留学していたため西洋的価値観も持っていた。そのため、彼の内部で西洋的価値観とヒンズー教徒の俗習の間で軋轢を生じることがあった。それを端的に示すエピソードをある書籍から引用しておく。






履歴


(2017-08-03) 作成
(2017-08-19) 作成
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR