Anthony Peake + Tom Campbell :統合的仮説で意識と時間の謎を解く (途中:その1)

はじめに


・Anthony Peake と Tom Campbell が対談している Podcast の中からタイトルの件に絞って紹介する。

・両人の提唱する仮説については過去記事で何度も紹介してきたが、今回の対談でもほぼ同様の趣旨を語っている。ただ、時間が短い分、内容が要約されわかりやすくはなっている。

・人間が死んだらその意識はどうなるのか? これを彼らの大胆な仮説に基づいて語ってあたりが面白いかも。

・以下、例によってメモ書き。

抜粋(デタラメ)








・8:00 人間が死んだら意識ははどうなるのか? 時間は?

・30:30 大意識が個々人の意識を介して経験している…という説。

・44:00 人間は大きな冷却システム(比喩)の冷媒であり、システムの一部。

・45:00 悪が存在する理由は…

動画(59:20)


・Two Physicists Battle over Truth About Theory of Everything


コメント


・この二人の仮説は精神世界ファンには好意的に評価されている。だが私は彼らの仮説にはかなり否定的。彼らの仮説のベースにはいくつもの大穴やデタラメが目につくゆえに。






(2017-08-13)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR