Linda Moulton Howe:墜落した UFO の破片を入手、分析すると非地球産だった (途中:その6)

Update


・(2017-08-11 追加)
    ・Linda Moulton Howe のサイトに Part 6 が掲載されたので追加。以前のコメントの前の部分に挿入しているので、記事の日付が前後していることに注意。

   ・この金属片が反重力特性を示すかも…と期待して専門家にテストしてもらった。すると…という話。

   ・タイトルで「非地球産だった」と断定するべきではなかった…とやや後悔中。

・(2017-08-02 追加)

・(2017-07-23 追加)Linda Moulton Howe のサイトに Part 4 が掲載されたので追加。以前のコメントの前の部分に挿入しているので、記事の日付が前後していることに注意。

・(2017-07-17 追加)Linda Moulton Howe のサイトにこの件の記事が掲載されたのでそれを追加。以前のコメントの前の部分に挿入しているので、記事の日付が前後していることに注意。

・(2017-07-13 追加)コメントを追加。

はじめに


・Linda Moulton Howe が墜落した UFO の金属破片を保有している…という話については下の過去記事で紹介したことがある。

 Jim Sparks:Rowswell UFO の破片を Linda Moulton Howe が保有している (2017-01-30)


・この UFO の金属破片を入手した経緯と、その金属破片を複数の研究機関(大学や軍の研究所を含む)で分析した結果を詳しく講演した動画を紹介する。動画は 4部構成で、つい先日(Published on Jul 4, 2017)up されたもの。

・とりあえずメモ書きレベル。

part 1/4


抜粋(デタラメ)


・26層、ビスマス、マグネシウム

・17:00 Corona に墜落した UFO に乗っていた ET から受け取ったテレパシーによるメッセージ。32光年先、…

・demensional power plant

講演動画(25:09)


・Linda Moulton Howe presents: Layered Bismuth-Magnesium from a Roswell UFO Crash (Part 1 of 4)






part 2/4


抜粋(デタラメ)


・13:00 脳腫瘍で死去する数カ月前、1985年8月5日、Allen Hynek, Sigismund と一緒に。Norton 空軍基地で UFO と ET の遺体を見せると約束された。だが、直前になってこの約束が破棄された。Allen Hynek は涙を流して…

・22:00 金属サンプルの件。
20170710_metal.jpg

20170710_metal2.jpg

20170710_metal3.jpg

講演動画(24:47)


・Linda Moulton Howe presents: Layered Bismuth-Magnesium from a Roswell UFO Part 2





part 3/4


抜粋(デタラメ)


・6:55 1957年9月14日、ブラジル。UFO の残骸のアイソトープ分析?

・12:00 軍の科学者が調査したいと申し出る。過去の軍のデータを調査したら…該当する事例なし。

・13:00 別の情報。100万ボルトの電圧、7MHz? の…で浮遊すると。 そこで 120万ボルトの装置を用意。

・15:40 Russia の Pot Cluttonoff? での浮遊事例

20170710_part3_1.jpg

20170710_part3_2.jpg

20170710_part3_3.jpg

講演動画(25:00)


・Linda Moulton Howe presents: Layered Bismuth-Magnesium from a Roswell UFO Crash Part 3





part 4/4


抜粋(デタラメ)



・6:30 沖縄で写真を見せられた元兵士の後日(2week)談。歯医者。

4/ 講演動画(22:20)


・Linda Moulton Howe presents: Layered Bismuth-Magnesium from a Roswell UFO Crash Part 4


(2017-07-10)





(以下、2017-07-17 追加分)

はじめに


・Linda Moulton Howe のサイトにこの件の記事が掲載されたのでそれを下に追加しておく。基本的に上の講演で語っている内容と同様の内容。写真はより詳しい。

・なお、以前のコメントの前の部分に挿入しているので、記事の日付が前後していることに注意。


引用






cc2.jpg

cc4.jpg

cc5.jpg

cc6.jpg

cc7.jpg

cc8.jpg

cc9.jpg






aa2.jpg

aa3.jpg

aa4.jpg

aa5.jpg

aa11.jpg






bb1.jpg

bb2.jpg

bb3.jpg

bb4.jpg

bb5.jpg

bb6.jpg

bb8.jpg


Ref:



Part1: https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2543&category=Science
Part2: https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2544&category=Science
Part3: https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2545&category=Science
Part4: 未掲載


(2017-07-17)





(以下、2017-07-23 追加分)

はじめに


・Linda Moulton Howe のサイトに Part 4 が掲載されたので、主要部分を引用しておく。

・なお、以前のコメントの前の部分に挿入しているので、記事の日付が前後していることに注意。


抜粋(デタラメ)


Part 4: Mysterious Micron Layers of Alternating Bismuth and Magnesium from Bottom of Wedge-Shaped UFO



・同位体分析の結果、若干の差異が見られたが、地球外の由来と判断するほどのものではなかった。

After discussions with Erik Hauri, Ph.D. in the Department of Terrestrial Magnetism, who agreed to analyze the layered Bi/Mg metal, I drove to Washington, D. C. on July 20, 1996. I gave him a cut and polished slice of the layered material. Erik Hauri, Ph.D., found about 11% more 26Mg in the mysterious sample, but still not outside terrestrial ranges for magnesium metal.



・マグネシウムのプラス・イオン数が通常のものより 60倍も多かった。原因はいくつか考えられる。

One anomaly that Dr. Hauri wrote in his report to me was:
“The Bi-Mg sample gave count rates of positive magnesium ions, which were enhanced sixty times more than in the pure Mg metal standard.” (Howe's emphasis.)

Dr. Hauri suggested three possible reasons for the difference. First, he explained that the zinc might act as a catalyst for Mg ionization. Second, the catalytic process might be enhanced if there were a distinctive arrangement in the Mg crystal structure, which related to how the material was originally constructed. Third, if oxygen were somewhere in the sample, it could enhance Mg ionization. However, Dr. Hauri acknowledged that none of the ion microprobe spectra showed any oxygen.


・このサンプルの主成分であるビスマスとマグネシウムに詳しい複数の冶金学の専門家に確認したが、このサンプルのような多層構成の合金を形成する技術は知られていない。(タイトルで非地球産…と記載した理由)

I kept reporting the research findings on Dreamland and asked if anyone listening had any information about the construction or function of the layered Bi/Mg-Zn. I also contacted dozens of people in the scientific and industrial community to see if I could find anyone who had worked with bismuth and magnesium/zinc layered together in the alternating and wavy micron thicknesses.

I contacted the Director of Material Sciences at the Massachusetts Institute of Technology (MIT) in Cambridge, Massachusetts; the National Science Foundation; metallurgists at Sandia National Laboratory in Albuquerque, New Mexico; and aerospace and exotic metals manufacturers. But no one had any knowledge of such a layered material.


Ref: https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2546&category=Science

(2017-07-23)





(以下、2017-07-13 追加分)

コメント


・この金属片はたぶん UFO の破片ではないだろう…これが現時点での私の判断。その理由は…

  ・(1) Linda Moulton Howe が譲り受けた問題の金属片を「UFO の破片だ」と判断した根拠が弱い。譲渡主の親戚(とっくに故人)の残した証言だけが頼り。

  ・(2) 良く似た事例で、UFO の破片だと誤認した事例がある。

・この (2) については近く、別記事 後述部分で具体的に説明するが、ざっとこんな話。

  ・UFO から破片が落ちるのを目撃、その破片を採取。著名な国立研究所を含め、大勢の専門家がその破片を分析し、
      ・自然物ではない。人工のものだ。
      ・人類の技術では作成できない。
   と断言した。

  ・だが、その正体は意外な事に…(実はこの件をかなり以前の過去記事で取り上げている)。

(2017-07-13 )




(以下、2017-08-11 追加分)

はじめに


・Linda Moulton Howe のサイトに Part 6 が掲載されたので、主要部分を引用しておく。

・なお、以前のコメントの前の部分に挿入しているので、記事の日付が前後していることに注意。

・Linda Moulton Howe はこの金属片がある特定条件で反重力の挙動を示すかも…という情報を得ていたので、それが事実かどうか専門家の手でテストしてもらった。その結果は期待はずれだった…という話。

抜粋(デタラメ)


・1999年に Hal Puthoff 博士がこの金属片をテストしたが、期待する特性(特定条件で浮遊するとか、超伝導現象を示すとか、磁気に対する奇妙な反応など)の有無については明確な結論が出せなかった。

・実験室でこの金属片のような構造を複製可能かどうかについても明確な答えは出せなかった。

1999 Testing by Hal Puthoff, Ph.D.,
Inst. for Advanced Studies - Austin

Dr. Puthoff was aware of my effortsin 1996 to 1998 to investigate the layered Bi/Mg-Zn metal allegedly pulled off the bottom of a wedge-shaped UFO west of Sierra Blanca mountain in New Mexico back in 1947. By January 7, 1999, we had exchanged a letter of agreement about specific testing goals he could try on a piece of the layered Bi/Mg-Zn at his Institute for Advanced Studies in Austin, Texas. That day I sent him a small sample with a summary of our agreed test goals:

1) Would it turn into a "lifting body" (anti-gravity) inside a strong electrostatic field augmented by a 7 Ha signal?

2) Do the bismuth and magnesium-zinc micron layers show intelligent molecular level design in x-ray crystallography?

3) Will the layered Bi/Mg-Zn respond to various dynamic magnetic fields?

4) Does the layered metal have super-conducting properties?

5) Can any laboratory reproduce precisely the 1 to 4 microns of pure bismuth in alternating layers with 100 to 200 microns of 97.6% magnesium in alloy with 2.4% zinc?

Dr. Puthoff returned the small Bi/Mg-Zn sample to me after a couple of months in 1999 without any definitive results to the above questions.


・2012年に同じ Hal Puthoff 博士がより優れた実験設備でテストを実施した。その結果、前述のような期待する特性は持っていないことが判明した。



2012 Testing by Hal Puthoff, Ph.D.,
Inst. for Advanced Studies - Austin

Then thirteen years later in April 2012, Hal Puthoff and I talked again about his trying more tests of a bigger piece of Bi/Mg-Zn in his newly expanded laboratory facilities.

...

Six months later on September 24, 2012, Hal Puthoff wrote me the following summary letter after his second round of tests with the Bi/Mg-Zn layered metal. He did not find any “lifting body” interactions of the layered metal in various electromagnetic fields, whether dynamic or static.



Part 6: Mysterious Micron Layers of Alternating Bismuth
and Magnesium from Bottom of Wedge-Shaped UFO


Ref: https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2554&category=Science

(2017-08-11)











(以下、2017-08-02 追加分)

はじめに


・上のコメントで述べた良く似た事例(Bob White の物体)について、動画を元に説明しておく。

抜粋(デタラメ)







20170713_white.jpg

20170713_white2.jpg

20170713_white3.jpg

20170713_white4.jpg

20170713_white3a.jpg

20170713_white3b.jpg

20170713_white3c.jpg

20170713_white3d.jpg

20170713_white5.jpg

20170713_white6.jpg

20170713_white7.jpg

20170713_white8.jpg


・Bob White


・2013年の講演から。

・Bob White の物体

・4:20 から本人の証言動画

pic white

・ポリグラフ検査
pic white2

・専門家の証言。
pic white3

・16:52 ロスアラモス国立研究所の他に NIDS も調査したという。

・ロスアラモス国立研究所での分析の様子
pic_white4

・ホテルの金庫が誤動作
pic

・X線などが放射されていると。

・アルミ合金の専門家の発言。見たことがないと。

pic_8

・41:20 最新のナノテクの産物だと専門家の推定。


講演動画(1:16:39)


・The Best UFO Artifact Ever Discovered [FULL VIDEO]



この物体の正体









履歴


(2017-07-10)作成
(2017-07-13)追加
(2017-07-17)追加
(2017-07-23)追加
(2017-08-02)追加
(2017-08-11)追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR