「人間は言語を使わなければ思考できない」という俗説をシンプルに反証する (途中:その2)

Update


・(2017-08-06 追加)

はじめに


・過去記事で

  思考するには言語が必須か? → No (+追加2) (2017-07-17)

 という記事をダラダラと散漫に記述したが、もっとシンプルかつラディカルな反証を思いついたので記録しておく。

・たぶん、この反証は

  ・(a) 言語関連の専門家には既に常識となっている、 or
  ・(b) 素人にありがちな根本的な誤りが含まれている、

 のどちらかだろうとは思うが、なにせド素人なので判断できない。

・上の (a) だとすると Wittgenstein あたりがとうの昔に片付けているような気がする。

・反証のキモの部分を先に述べておく。議論の細部を大幅に省略し、微妙な部分(特に No の部分)もバッサリとカットして単純化している分、分かりやすいはず。

反証の核心部分


・「言語を使う(=デタラメではなく、文法に合致した言語を組み立てる)事それ自体」も思考作業なのだろうか? この疑問に対する Yes/No の二通りの答えを検討する。

・Yes → 「言語(1)を文法に合致した形で組み立てる」という思考作業自体も言語(2)を用いている筈。その言語(2) も同様にして言語(3)を用いる筈。同様に…。無限後退が発生。矛盾で破綻。

・No → 「言語を使う事それ自体」は思考ではない…という主張となる。これは明確な自己矛盾。

・このように Yes, No のどちらの場合も矛盾を招く。よってタイトルの俗説は反証された。

想定される反論:言語即思考説


・上の Yes の場合に無限後退の矛盾は生じない…という反論が想定できる。その反論は次のような形をとるだろう。


・「言語を使う(=デタラメではなく、文法に合致した言語を組み立てる)事それ自体」がそのまま思考内容そのものだ。つまり、

  ・(x) 思考内容と
  ・(y) それを言語で表現したもの

 という2つの異なったもの(x, y)があると見なすのは誤り。この2つは同一であり差異がない。

・したがって Yes の場合に無限後退の矛盾は生じない。


・このような反論を「言語即思考説」と呼ぶことにする。







履歴


(2017-07-26) 作成
(2017-08-06) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR