Ken Gerhard:「空飛ぶヒューマノイド」に関する興味深い示唆 (途中:その2)

Update


・(2017-07-06 追加)コメント追加。

はじめに


・Ken Gerhard の講演の後に、聴衆との質疑応答が行われているが、その質疑応答の中で聴衆の一人が非常に興味深い示唆を提起している。それを紹介する。

・彼の示唆は、講演それ自体よりも面白い。(なお、この人物の前に質問している人物の指摘も有益)

抜粋(デタラメ)


・1:11:25 あたり。(動画の再生開始時刻に設定済み)

・ある一人の聴衆の示唆が…








講演動画(1:30:48)


・Flying Humanoid Monsters that Cannot Be Explained [FULL VIDEO]


コメント


・質疑応答において、聴衆の一人が「人間に似た胴体では羽が大きくても航空力学的に飛行は不可能だ」と指摘した。Ken Gerhard はその指摘が正しいことを認めた上で、「空飛ぶヒューマノイド」は血肉からなる通常の生物ではないと思う、と語っている。

・さらに…。別の聴衆が質疑応答の中で Robert Monroe の Loosh との関連を示唆していた。ちなみに Loosh とは…


Someone, Somewhere (or both, in millions, or uncountable) requires,likes, needs, values, collects, drinks, eats, or uses as a drug (sic) a substance ident Loosh. (Electricity, oil, oxygen, gold, wheat, water, land, old coins, uranium.) This is a rare substance in Somewhere, and those who possess Loosh find it vital for whatever it is used for.

Faced with this question of Supply and Demand (a universal law of Somewhere), Someone decided to produce it artificially, so to speak, rather than search for it in its "natural" form. He decided to build a Garden and grow Loosh.

In the natural state, Loosh was found to originate from a series of vibrational actions in the carbon-oxygen cycle and the residue was Loosh in varying degrees of purity. It occurred only during such action, and secondarily during the reactive process. Prospectors from Somewhere ranged far and wide in search of Loosh sources and new discoveries were hailed with much enthusiasm and reward.

Ref: Robert Monroe, "Far Journeys", 1992


履歴


(2017-07-05) 作成
(2017-07-06) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR