Ron Paul: イギリスの課す「重税」に耐えかねたアメリカが独立戦争を選択した時の税率は…w

はじめに


・7月4日はアメリカの独立記念日。イギリスが当時、植民地だったアメリカに税金を課し、その重税に耐えきれなくなったアメリカは独立戦争を決意した。その時の「重税」の税率が驚くことに…w

引用



The colonists who rebelled against the British Crown were, among other things, unhappy about taxation. Yet, as economist Gary North points out, the total burden of British imperial taxation was about one-to-two percent of national income.

Ref: http://ronpaulinstitute.org/archives/featured-articles/2017/july/03/we-must-declare-independence/



(2017-07-05)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR