John Desouza:彼の体が壁をすり抜けらず、ET の abduction が失敗した珍しい事例

はじめに


・John Desouza は元 FBI 捜査員(20年の業務経歴:対テロ特殊部隊所属)。

・その彼がタイトルのような、自身の体験を証言している。極めて珍しい事例。

・大概の証言事例では、abductee が自宅の寝室から ET によって連れ去られる場合、壁や天井、閉じた窓を(ET と一緒に)すり抜けて上空の UFO に吸い込まれている。だが、ET は簡単に壁をすり抜けられるのに彼(abductee)の体だけが頑としてすり抜けられなかった。 ETは何度も彼を壁に引きずり込もうしたが、成功せず、諦めて去っていった…という事例。

抜粋(デタラメ)


・45:00 (動画の再生開始時刻を設定済み)

・9歳のとき。UFO を目撃した後。自宅にグレイが出現。グレイは壁をすり抜けたが、彼の体はすり抜けられなかった。グレイは何度も試して諦めた。

インタビュー動画(56:10)


・FBI Files of The Truth Behind Extraterrestrials Existence with Former FBI Special Agent John DeSouza


(2017-07-03)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR