イリノイ州の財政破綻:何が問題なのか。今後、どうなるのか。

はじめに


・…を平易に解説した動画を紹介する。

抜粋(デタラメ)


・現在、イリノイ州は破産の瀬戸際。他にもニュージャージー州、カリフォルニア州など、同様の州がいくつもある。

・イリノイ州の財政破綻の最大の要因は公的年金負担。引退者(教職員や警察、消防など)向けの公的年金支払総額が州の歳入に匹敵している。年金カットをしないと学校教育、インフラ保守の費用も出せない。カット幅は 70%ほどは必要。現在 10万円の年金受給者は、3万円しか受け取れなくなる。

・だが、州の裁判所は年金カットは一切、違法だと裁定し、州は窮地に陥った。デフォルト宣言するしかないが、もちろんそれで解決するわけではない。

・国民は政府への依存を強め、政府の救済を求めるだろう

・結局、連邦政府が介入することになるだろう。2020年には大統領選挙が行われる。民主党は政府がカネを刷ってバラ撒くことを公約するだろう。それによってインフレがやってくる。

解説動画(11:27)


・Illinois financial COLLAPSE draws near



解説動画(12:30)


・Illinois' Economic Collapse Will Have Drastic Future Consequences to All Americans


コメント


・要するに…。株価が史上最高付近にある現在ですら、このありさま。このまま、2020年まで株価が維持できる可能性は極めて低く、いずれ株価は急落する。そうなれば各州で公的年金制度が雪崩的に崩壊し、ギブアップとなる。大幅な年金カットを実施すると高齢者が猛反発し、選挙で惨敗する。結局、政府の借金を積み上げて年金を救済することになる。だがそれは連邦政府の財政破綻を早めるだけ…という話。

・よって…。次回の大統領選挙で共和党が勝つため、さらに連邦政府の財政破綻をカバー(or 無視)するために戦争が引き起こされる可能性が高い。前者だけなら北朝鮮や中東の小国相手でもすむが、後者を視野にいれると対象は自ずと…

(2017-07-02)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR