Anthony Peake:年をとると既視感の体験が稀になる理由 (途中:その1)

はじめに


・Anthony Peake については過去記事で何度も取り上げてきたが、最近はとんとご無沙汰だった。ごく最近(Published on Jun 28, 2017)up されたインタビュー Podcast を耳にした。中ほどまではさして面白い内容ではなかったが、後半になって幾つか興味深い話をしている。

・その中からタイトルの件に絞って紹介する。

・年をとると既視感の体験が稀になるがそれはなぜだろうか? たしかに私の場合も、既視感が最も頻繁に起きたのは中学生から高校生の頃で、大人になってからは既視感を体験することはごくまれになった。

・この理由について、Anthony Peake が彼独自の理論(これについては過去記事で何度か紹介してきたが…)に基づいて「かなりブッ飛んだ仮説」を述べている。

抜粋(デタラメ)


・18:00 あたり。






Podcast(58:34)


・Cheating The Ferry Man The Deamon


(2017-06-29)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR