(BEK/BEC のように)目全体が黒で、体に入れ墨のある「空飛ぶヒューマノイド」に遭遇

はじめに


・…という珍しい証言を紹介する。

・車で移動中の父娘が目撃したと。ソース記事のサイト主催者(Lon Strickler)が証言者に電話で詳しい話を聞いたという。

・ソース記事の中の該当箇所が下。

抜粋



The being was 7-8 feet tall (head to toe), with it's folded wings towering another 2-3 feet above it's head. It was humanoid, with a stature that I can only liken to that of a bodybuilder, and void of any hair on it's head. The skin was an ashen gray, and covering it (head, torso, arms) was a tribal-like tattoo that was black in color. It's eyes were completely black.

Ref: http://www.phantomsandmonsters.com/2017/06/terrifying-encounter-on-seneca-trail.html


コメント


・この事例のように

  ・人間の胴体と顔をもっていながら、
  ・羽ばたいて飛行する「空飛ぶヒューマノイド」

 の目撃証言について、素朴な疑問がある。それは、人間のような腕や手を持っていたのかどうか…という点。

・羽の他に、人間のような腕や手を持っていた場合 → 想像上の天使じゃあるまいし、生物学的に無理がある。(人間の胴体を持つ限り、羽で飛行するのは航空力学的に不可能な事はさておき…)。

・羽の他に、人間のような腕や手を持っていなかった場合 → たぶん、栄養失調で餓死する。なぜならワシのような鋭いクチバシを持たず、人間のような手も無いのであるから、獲物を(足の爪で仕留めたとしても)、その獲物を啄めない。狼やライオンのような補食獣タイプの口を持っていた…という証言も見かけないし。

・この件で言えば、どうやって入れ墨をいれたのだろう?

(2017-06-14)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR