Tony Rodrigues のタイムトラベル証言の解釈 (途中:その1)

はじめに


・Tony Rodrigues の証言については過去記事…






・「Tony Rodrigues のタイムトラベル証言」とは。簡単に言えば…

  ・9歳の時に寝室にグレイが出現。abduct、以後 20年間、奴隷。
  ・奴隷の間。月の基地、火星などで生活。
  ・20年間の奴隷生活が終了。タイムマシンで 20年前の自宅の寝室へ。
  ・かつて abduction された時刻から数分後の時点に戻ってきた。
  ・体は 9歳の時のソレに戻っていた。

・この証言について検討。

解釈 A


・Tony Rodrigues の証言は嘘。

解釈 B


・偽の記憶を注入されたのだ…という解釈。具体的には下の過去記事で述べた Alfred Webre らの仮説(彼は「偽の」記憶だとは言っていないが…)に相当。



「Tony Rodrigues が 20年間の奴隷生活の後に、時間を遡って 9歳の時点の体に戻った」という体験は別の解釈が可能だ。

 という Alfred Webre らの仮説とそれに対する反論部分を下に引用しておく。

Alfred Webre らの仮説



Weber’s thesis that memories of secret space program personnel can be extracted for subsequent downloading into another body is very plausible. His thesis suggests that rather than fabricated scripts, as Greer was suggesting, the memories of dead secret space program personnel could be downloaded into unwitting victims who are then led to believe they were part of a “twenty and back” program.


それに対する反論



The advantage between real memories versus manufactured scripts, is that the memories would have genuine emotions attached to them, as opposed to computer generated scripts. This would make for a much more compelling witness, who would feel genuine emotions as they recalled another person’s memories, which they believe to be their own.


Ref: Michael E. Salla:Tony Rodrigues の証言が事実であると判断した理由 (2017-05-20)


解釈 C






(2017-06-11)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR