Mike Shedlock:自動運転車の普及で 2030年には自家用車の所有率が激減する

はじめに


・…という予想を紹介する。

抜粋(デタラメ)


・目端の利く大手企業が自動運転車の開発に膨大な資金をつぎ込んでいる。

Corporations are investing hundreds of billions of dollars of their own money on technology. Deals, mergers, alliances, and lawsuits (Google vs Uber) are all in play, on a massive scale.


・1900年にはニューヨークには馬車しかなく、一台の車も存在しなかった。それが 1920には馬車は消え去っていた。同様のことが自動運転車でも起きるだろう。

In 1900, in New York City, there was not a car on the road. By 1920, there was not a horse in sight.


・自動運転車の共有が普及し、2030年には自家用車の所有率が激減するだろう。

On-demand scheduling, point-to-point, is needed, and in the works. I rather doubt that fuel-based cars disappear by 2024, but widespread (not total) disappearance of privately owned vehicles by 2030 seems reasonable.


・まず長距離トラックのドライバーが失業する。続いて自家用車の所有率が激減するのは時間の問題だ。

Long-haul trucks will be first of course. Those drivers will vanish soon. A death spiral for car ownership will follow. The only thing in question is the timeline.


Ref: https://mishtalk.com/2017/05/21/self-driving-vehicles-and-the-failure-to-understand-capitalism/

(2017-05-22)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR