Doug Casey:西洋文明の特質は「個人の自由」と「合理的思考」にある

はじめに


・いかにも Doug Casey らしい、タイトルの趣旨の文明史観を紹介する。

抜粋(デタラメ)


・他の文明が集団を中核に据えたのに対し、西洋文明は個人を中核に据えた。

・他の文明が神秘主義と迷信でこの世界に対処したのに対し、西洋文明は論理と理性で対処した。

・科学や技術の発展は、この西洋文明の特質である「個人の自由」、「合理的思考」、そして資本主義のもたらした成果である。科学や技術が要因なのではない。

引用



Doug Casey: Western Civilization has its origins in ancient Greece. It’s unique among the world’s civilizations in putting the individual-as opposed to the collective-in a central position. It enshrined logic and rational thought-as opposed to mysticism and superstition-as the way to deal with the world. It’s because of this that we have science, technology, great literature and art, capitalism, personal freedom, the concept of progress, and much, much more. In fact, almost everything worth having in the material world is due to Western Civilization.

...

But I want to re-emphasize that the science, the technology, and all the wonderful toys we have are not the essence of Western Civilization. They’re consequences of individualism, capitalism, rational thought, and personal freedom. It’s critical not to confuse cause and effect.


Ref: http://www.internationalman.com//articles/doug-casey-on-the-end-of-western-civilization

コメント


・Doug Casey のこの主張は一見すると分かり易いが、過度に理想化・単純化している。

・西洋文明…というとすぐに近代ヨーロッパ文明と同一視しがちだが(上のソースでもギリシャ文明がその母体だと Doug Casey が述べている)、長らくイスラム文明の方が栄え、ヨーロッパはいわば野蛮な未開地帯だった。そしてイスラム文明は長らく科学技術をリードしていた。

・近代ヨーロッパで(今の西洋文明の基盤となった)ルネッサンスが生じたのは、キリスト教会があったからだ…と私は思っている。キリスト教会(やキリスト教思想)の優れた点が影響を与えたという意味ではない。キリスト教会があまりに酷く腐敗したが故に、その反作用としてルネッサンスが生じたのだと。

・イスラムやユダヤ教会はキリスト教会ほど酷くは腐敗しなかったために、ルネッサンスを生みだすほどの反作用をもたらさなかったのだと。

・フランス王政が酷く腐敗したが故に、反作用としてフランス革命が生まれた…という歴史と共通するものがあるのかも。アメリカの独立もイギリスの圧政があったからだし。

(2017-05-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR