SRSroccoReport:Gold 価格の下落の理由は中央銀行でも、需給関係でもなく、原油価格だ

はじめに


・SRSroccoReport がタイトルの主張をしているので紹介する。

抜粋(デタラメ)


・下のチャート。 Gold 価格と原油価格の間には強い相関があり、原油価格が先行している。


If we look at the Barrick-Newmont Production Cost vs. Gold Price chart above, we see that the market price was never lower than the production cost. Which means, the market or Central Banks did not push the gold price below the cost of production. This is an important factor to understand when you listen to analysts suggesting that the Central Banks can rig the gold price down to whatever level they desire.

20170428_gold_oil.png



Ref:
https://srsroccoreport.com/who-really-controls-the-gold-price-the-answer-is-quite-surprising/

コメント


・ソース記事では原油価格が Gold 価格をどのように支配しているのか、その説明が欠落している。相関関係があるからといって原油価格が Gold 価格を支配している(因果関係がある)とまでは言えない。

・また、中央銀行と結託した JP Morgan などが paper Gold を大量売却して何度も価格を押し下げてきた実績も無視している。

(2017-04-28)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR