米麻薬取締局(DEA)がマリファナを禁止している本当の理由を元広報官が告白

抜粋(デタラメ)


・マリファナは安全なことは承知しているが、製薬会社の金儲けのために禁止されているのだ…このように DEA の上司から知らされたと告白。

・マリファナが解禁されると、鎮痛剤として格安で利用できる。これまで製薬会社が膨大な利益をあげてきた鎮痛剤が売れなくなる。

・そこで、マリファナはコカインなどの致命的な麻薬へ誘い込む入り口となるからダメだ…という理由付けがなされてきたと。

引用



In our interview, Belita was hesitant to speak too openly but mentioned that when she first went to work with the DEA (she was contacted and became familiar with agency’s goals), she was told “‘Marijuana is safe, we know it’s safe, but it’s our cash cow and we will never, ever, give it up.’” When the DEA seizes a car or makes a drug bust, it’s likely they’ll find wads of money. They turn in the pot (or other drugs) ? and keep the cash. Civil asset forfeiture law essentially gives the police and feds free reign, and they have confiscated billions of dollars from Americans, a majority of whom have not been charged with a crime.

Belita, like many people, posits that the DEA is not willing to give up the long disproven idea that marijuana is a “gateway drug.”

Ref: http://www.zerohedge.com/news/2017-04-20/ex-dea-spokeswoman-marijuana-safe-kept-illegal-because-its-cash-cow


コメント


・一見、複雑に込み入った面倒な問題も、とどのつまりは「それで誰が一番カネをせしめるか」という単純な利権争いに過ぎないケースがほとんど。マスコミの伝える情報(タテマエ=フェイク)を真に受けていると、どんな話も複雑で理解し難く見えるもの。

(2017-04-23)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR