Scott Mandeleker:abductee が抱える精神的な弱点から ET が侵入している

はじめに


・なぜ abductee は ET に abduction されるのだろうか? 言い換えれば abductee と非abductee は何が違うのだろうか?

・abduction 調査・研究者は大勢いるが明快な解答はあまり聞かない。だが、Scott Mandeleker がタイトルの趣旨のかなり明快な解答をしているので紹介する。

抜粋(デタラメ)


・1:02:00 あたり。

・Abductee に幼児期のトラウマなどの精神的な弱点(=防壁の破れ)を抱えている。その防壁の破れから悪質な ET が侵入してくるのだ。

講演動画(1:54:53)


・Scott Mandeleker (04-17-02) Universal Vision: Humanity, UFO's and the Cosmic Plan


コメント


・Scott Mandeleker の講演内容は精神世界のヨタ話まみれだが、タイトルの件は面白い。

・Scott Mandeleker は若い頃から、この世界に疎外感を覚え、仏教に惹かれて毎日 8時間も瞑想を続け…という遍歴を辿ってきたという人物。そして abduction や OBE も経験していると。

・日本にも訪れているという。日本で出版された『2013年、神が神を見る日』という本についても語っている。それらしいタイトルの本をざっと検索したところ、下の本がヒットした。

20170418_book2.jpg
半田広宣、『2013:人類が神を見る日ープレアデス次元からオリオン次元へ。今、シリウスの力が地球に降誕する。』、徳間書店、1997年

・半田広宣については過去記事でチラリと言及したような気がするが、壮大なデタラメを物理のネタを混じえて吹聴しまるのが得意な人物。広宣という名前が実名かどうか知らないが、実名だとすればカルトにハマった家庭環境が彼の精神に拭い難いトラウマを植え付けた可能性は十分に想定できる。そしてそのトラウマという防壁の破れから悪質な存在が侵入した… Scott の言うとおりならそういう解釈もありうる。

・いずれにせよ、半田広宣は ET を自称する存在が仕組んだ罠にかかり、マンマと誑かされて上のような本を書くハメになったのだ…これが私の評価。

(2017-04-18)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR