Norio Hayakawa: Cattle mutilation は政府による地下核実験跡の放射能漏れチェックなのかも

はじめに


・Norio Hayakawa がタイトルの説を語っているので紹介する。この説については過去記事で取り上げたような気もするが定かではない。

抜粋(デタラメ)


・21:00 あたり。1970代後半あたりから cattle mutilation が話題になった。当時、米政府による多数の地下核実験がなされ、その放射能が地表に漏洩しだした。

・政府による放射能漏れのチェックとして牛が使われた可能性がある。牛の血液は人間のそれとかなり類似しており、輸血も可能なほどだから、人間の血液中の汚染を牛でチェックできる。

・政府はそれを隠蔽するために UFO の仕業に見せかけているのでは。

・23:00 Dulce 一帯では住民の間に癌が多発したが、これはこの地下核実験の放射能漏れによるものではないか。

Skype動画(1:03:23)


・Was Roswell a FAKE? 07 13 2016 Norio Hayakawa


(2017-04-14)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR