Charles Hugh-Smith :米のシリア爆撃の主目的は中国に対するシグナルだ

はじめに


・…という趣旨のソース記事を紹介する。ソース記事の視点が優れているから紹介するのではなく、ダメな記事の見本という意味で取り上げる。

・Charles Hugh-Smith がこんなダメ記事を書いていた…という記録の意味もある。

一部引用



Trying to reduce the carefully choreographed drama to one stage and one audience risks misunderstanding the signal.

It seems many media observers are confused by events in Syria and the swirl of competing narratives. Did the Swamp drain Trump? Did the Neocons succeed in forcing Trump to follow their lead? Is the U.S. ramping up yet another endless war?

Consider the possibility that none of these narratives actually get to the heart of what's going on. To make sense of all this, we're going to have to delve into topics far below today's headlines.

I think Ilargi (The Automatic Earth) got it right in his recent essay Symbols of Strength, in which he proposed that the entire cruise-missile exercise had little to do with Syria and everything to do with signaling Trump's willingness to use force to China's President Xi jinping.

Ref: http://charleshughsmith.blogspot.jp/2017/04/the-medias-missing-point-syria-empire.html


コメント


・ソース記事の主張がズレている理由は…

  ・わずか数日で米政府の対シリア政策が 180度ひっくり返った末のミサイル攻撃。中国に向けたシグナルが主目的なら、超短期間での 180度の方針転換はあり得ない。

  ・中国にシグナルを送るのが主目的なら、シリアへのミサイル攻撃よりもっと適切なものがあった。

  ・中国にシグナルを送るのが主目的ではなくおまけだと言い訳するのならば、そんな事は常識。

・ソース記事では、政治学的(or 社会学的?)キーワード(signal と communication の違い、force と power の違いなど)を意味ありげに持ち出しているが、文脈からは乖離しており、ハッタリでしかない。

(2017-04-11)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR