Martin Armstrong : 米がシリアに介入したがる本当の理由と今後の展開

はじめに


・Martin Armstrong の最新の Blog 記事からタイトルの件を紹介する。

・米がシリアに介入したがる本当の理由については下の過去記事でも紹介した。

  Robert F. Kennedy Jr. : 西側諸国によるシリア Assad 政権転覆の目的はコレだ (2016-03-24)

・Martin Armstrong のソース記事は Trump の今回のシリア爆撃に関連して裏工作がメディアによって暴露されるだろう…という予想が目新しい。

引用(デタラメ)


・米がシリアに介入したがる本当の理由は原油パイプラインの敷設。米露間でパイプライン敷設を巡って対立している。赤がアメリカの望むルート。青がロシアの望むルート。

Back in December 2015, I explained what Syria was all about and why the Obama Administration wanted to invade to help Qatar get a pipeline through Syria to compete with Russia selling gas to Europe. I explained there were two pipelines one approved by Russia from Iran through Syria and the other Obama agreed to with Qatar also through Syria. The American press supported Obama by trying to make everyone believe Obama cared about innocent civilians being gassed. Nothing was further from the truth and the US was supplying the weapons to rebels who were slaughtering people and throwing them in mass graves. Obama turned a blind eye because the pipeline was more important than people in Syria.
20170409_oil1.jpg

20170409_oil2.jpg



・Obama もそれが理由でシリアに介入した。シリア政府による神経ガス攻撃云々は介入のための口実であり、米政府の汚い裏工作だ。

The evidence came out that it was the rebels supported by Obama who were using the chemical weapons. Investigations revealed that back in 2013, they used sarin gas ? not the Syrian government.


・Trump も Obama と同じことを始めたが、Trump はメディアに敵視されているから Obama の時とは違って糾弾されるだろう。つまり Trump は罠にはめられたのだ。

With all the attacks upon Trump as having some covert connection with Putin to defeat Hillary when nothing hacked from the DNC was ever said to have been faked or altered, just released, one must wonder has this suddenly influenced Trump to attack Syria to prove he is not in league with Putin? If the military advisors are telling him it is Syria who has launched a chemical attack, he really should tread very lightly. This 180 degree turn for Trump may indeed be a trap.



Ref: https://www.armstrongeconomics.com/world-news/press/syria-pipeline-how-the-press-will-not-tell-the-truth-about-syria/

コメント


・Martin Armstrong の予想する、シリア爆撃に関連したメディアの Trump 攻撃は「当面は」起きないと思う。なぜなら、シリア介入は米支配層の意思だろうから。

・だが、数年後に Trump を引き摺り下ろす攻撃材料としては十分、使える筈。その意味ではたしかに罠かも。

(2017-04-09)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR