Kevin Randle:Roswell 事件は対ソ防諜作戦だった可能性がある

はじめに


・タイトルの趣旨の興味深い話を紹介する。

抜粋(デタラメ)


・1:39:50 あたり。視聴者からの質問。

  ・1947年当時、ソ連はアメリカの核兵器や新型爆撃機の情報収集に躍起となっていた。ソ連の諜報機関がアメリカの核兵器の中心地の一つ、Roswell Army Air Field(RAAF)の周辺も盛んに嗅ぎ回り、スパイ網を構築しようとしていた。

  ・Roswell 周辺でのソ連の諜報機関のスパイ網を暴くために、アメリカの情報機関が防諜作戦の一貫として UFO 墜落事件を仕組んだ可能性があるのでは?

・Kevin Randle はこの質問に対して、他の説(ソ連版の B-29 の墜落説(そんな説があったとは…w))よりは説得力があると答えている。

Skype インタビュー動画(2:39:30)


・UFO Crashes - Kevin D Randle - The Paracast 05/22/2016


おまけ


・1:09:00 Kevin Randle の主張。Roswell 事件を証明する資料は皆無だ、と。

コメント


・実は上の動画が 昨日の記事で下のように言及したものだった。


・33:00 あたり。cattle mutilation を明確に全否定。それに関連して Christopher O'Brien(Chris O'Brien)を名指しで批判。(その割に Chris O'Brien がホストの Podcast に出演して自著の宣伝を兼ねたインタビューに応じているw。後日紹介するかも。 )

Ref: Kevin Randle:abduction 被害者総数の統計データが信用できない理由


(2017-04-04)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR