Paul Joseph Watson:現代美術は「アートだ」と強弁したゴミ屑だ

はじめに


・イギリス人ジャーナリスト Paul Joseph Watson がタイトルの趣旨の極めて真っ当な主張をしているので紹介する。この動画はすでに 22万回、再生されている。


引用(デタラメ)


・3:30 ヤツラ(現代美術のアーティストw 連中)はアートのルールを変えやがった。

・8:08 の展示(下:赤く見えるのは経血)を連中はアートだと言っているが、こんなブツを展示するなんてどう見てもイカれている。

20170331_art.jpg


動画(14:55)


・Why Modern Art is Absolute Crap


コメント


・現代美術こそ、童話『裸の王様』のストーリーの忠実な実演。さしずめ、評論家連中は王様の衣装を賞賛する家臣たちで、Paul Joseph Watson は「王様は裸だ」と叫んだ子供といったところ。

・この手の現代美術作品w で私が連想するのは、イカれた青少年が街中でだらしなくズボンをずり降ろして履き、それがイカしたファッションだと思いこんでいる滑稽な状況。

(2017-03-31)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR