朝に最適な音楽:Glenn Gould の Bach (+追加)

What's New


・(2017-03-24)この動画の全編バージョンを見かけたので追加。

はじめに


・時々、聴きたく(観たく)なる音楽動画を埋め込んでおく。あくまで自分用。

・冒頭の 5分間、Leonard Bernstein が解説しているが、それも面白い(がその解説は一度視れば十分)。

動画(14:13)


・Glenn Gould and Leonard Bernstein: Bach's Keyboard Concerto No 1 in D minor (BWV 1052)


コメント


・Leonard Bernstein の下の冒頭部分の解説も面白い。Leonard Bernstein が「誰が(オレと Glenn Gould のどっちが)ボスなのか?」と語った有名なシーンの動画(音声のみ)が下(1:50 あたり)。

動画(1:01:25)


・Brahms: Piano Concerto No. 1 - Gould/Bernstein - Bernstein's Speech included


(2017-03-17)



はじめに


・上の最初の動画は(本来ある筈の前後がカットされ)一部だけが切り出されたものだった。カットされていない全編バージョンの動画を見かけた。それが下。ただし Glenn Gould の演奏シーンそれ自体は同一(残りの楽章の演奏はなし)。

・後半、楽団員が妙にざわついているな…と思っていたら 40:00 から巨匠 "Igor Stravinsky" が登場し、彼の曲(『火の鳥』)の一部を指揮している。これにはびっくり。

・この動画は 1960-01-31 (57年前!)に放映された TV 番組で、スポンサーは Ford 自動車。

動画(52:24)


・Glenn Gould's U.S. Television Debut: Bernstein Conducting Bach's Keyboard Concerto No. 1 in D minor



動画の備考



Published on Jan 20, 2016
Performing the first movement of Bach's Keyboard Concerto No. 1 in D minor, BWV 1052, with Leonard Bernstein conducting the New York Philharmonic. Gould's performance begins at 18:03.

Originally aired on January 31, 1960 on CBS Television as part of its Ford Presents series, this program was entitled "The Creative Performer." The entire show is actually three performances ? by Gould, the soprano Eileen Farrell (singing the "Suicidio!" aria from *La Gioconda*), & Igor Stravinsky (conducting the last three scenes of his ballet *The Firebird*) ? punctuated with scintillating musicological lectures by Maestro-Professor Bernstein, who is arguably the star of the show.

Though I recommend watching the program in its entirety, here's a time-stamped playlist, in case you'd like to jump to any given section:

1. Leonard Bernstein, on the vagaries of score notations: 0:00 - 12:56
2. Leonard Bernstein, intro to Gould: 12:57 - 18:02
3. Glenn Gould: 18:03 - 27:08
4. Leonard Bernstein, intro to Farrell: 27:09 - 33:46
5. Eileen Farrell: 33:47 - 38:24
6. Leonard Bernstein, intro to Stravinsky: 38:25 - 40:05
7. Igor Stravinsky: 40:06 - 51:06
8. Closing Credits: 51:07 - 52:24

Thanks go to two intrepid Gouldians who did the heavy lifting to track down, acquire, & beautifully digitize this rare masterpiece. Without them, we wouldn't be here enjoying it.

Ref: https://www.youtube.com/watch?v=9Nx09pigZRI


(2017-03-24)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR