アメリカン・ジョーク:高齢者向け医療保険制度(G 編)

はじめに


・たしか、アメリカでは 60歳前後の人々の資産が平均で数百万円以下で、住宅ローンも含めると資産はマイナスだった筈。

・なので彼らの多くが今後も必要なレベルの医療保険費用を支払えるとは思えない。

・そこで、カネのない高齢者が必要なレベルの医療(+食事、住処)を受けることを可能にする画期的なアイデアが下。

・そのアイデアとは…。75歳以上の高齢者にピストル(G 編、つまり Gun )と弾丸を支給する、というもの。その支給品で使えない政治家を殺れ、そして刑務所に入れ、そうすれば医療(+食事、住処)が与えられるよ…と。

引用



If you are an older senior citizen and can no longer take care of yourself and need Long-Term Care, but the government says there is no Nursing Home care available for you, what do you do?

You may opt for Medicare Part G.

The plan gives anyone 75 or older a gun (Part G) and one bullet.

You may then shoot one worthless politician.

This means you will be sent to prison for the rest of your life where you will receive three meals a day, a roof over your head, central heating and air conditioning, cable TV, a library, and all the health care you need.

Need new teeth? No problem. Need glasses? That’s great. Need a hearing aid, new hip, knees, kidney, lungs, sex change, or heart? They are all covered!

As an added bonus, your kids can come and visit you at least as often as they do now!

Ref: http://www.zerohedge.com/news/2017-03-23/thursday-humor-medicare-part-g


コメント


・このジョークを読んで、ふと次のような実話を思い出した。

・第二次世界大戦末期、東南アジアに送り込まれた日本軍兵士の体験記だったと思うが、食料が尽きた敗残兵の寄せ集め部隊の話。負傷や激しい体力消耗などで足手まといとなった兵士には最後に手榴弾が手渡された、という。それを手渡して置き去りにし、しばらく行軍を続けていたら背後から鈍い爆発音が聞こえてきた、と。

(2017-03-24)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR