Joseph McMoneagle:アフリカで行方不明になったロシアの爆撃機の墜落場所を遠隔視で探し当てた

はじめに


・遠隔視については過去記事で何度も取り上げてきた。それらの情報を元に、遠隔視について次のような仮説を私は(密かに)立てていた。


・(A)現在や過去に関する遠隔視は、その関係者(遠隔視の実行者、監督者、依頼者、ターゲットの関係者など)が全く知らない事柄については情報が得られない。(=彼らが知っている以上の情報は得られない)

・(B)未来に関する遠隔視は、なぜか当たることもある。


・ところが…。この仮説(A)を完全に否定する(と思しき)事例を Joseph McMoneagle が講演で語っていたので紹介する。

・当事者のソ連は勿論、各国の情報機関が必死になって機密情報を載せた爆撃機の行方を 1年半も探し求めたが、見つけることができなかった。だが、米軍の遠隔視チームによって数時間でその墜落場所を正確に当てたという。

・この成果は当時、Jimmy Carter 大統領に報告されるほどの重大なものだったと言う。

抜粋(デタラメ)


・18:40 あたり。遠隔視による任務の成功率は 20%ほど。その数値だけを見ると高くはない。だが、他の手段に比べ 短期間で簡単に成果がえられるという特徴がある。

・19:00 あたり。Carter 大統領に報告された。アフリカで行方不明、ロシアの爆撃機、情報機器と暗合の本を搭載。各国の情報機関が必死に 1年半、探したが不明。遠隔視で数時間( 4時間?)で発見。


講演動画(1:15:21)


・Remote viewing, looking toward the future of humanity


コメント


・Joseph McMoneagle (Joe McMoneagle:検索用w)とは…
 https://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_McMoneagle

・上の講演内容を元に、この事例について検索したら詳しい記事がヒットした。それが下。
・なお、下の記事だと…

    ・墜落してから、遠隔視チームに依頼がくるまで数日間しか経過していないことを(説明上では)示唆してる。

    ・遠隔視を実演した女性(Rosemary Smith)はアフリカ大陸全体の地図と簡単な説明を受けただけで、トランス(変性意識)状態に入り、墜落地点を示す緯度と経度の数値を書き出したと。(注目すべきは一般的に、遠隔視や OBE では数字や文字は極めて扱いづらい or 読み難い のに、このケースでは地図の地点上で示したのではなく、座標数値で示した("gave some latitude and longitude figures" )…という事)

    ・その緯度経度の地点は密林の樹冠で完全に埋もれて上空からは墜落機体が発見できないものだったと。(なのに、その座標地点を衛星で詳しく観察すると墜落機体が見つかった…という記述が矛盾しているような?)


US Army Successfully Uses Human With ‘Out Of Body’ Abilities To Locate A Lost Plane In Africa



...

To the left is an intelligence photo of a Soviet Tu-22 bomber, one that was outfitted as a reconnaissance aircraft and lost in Zaire in 1979. Remarkably, the plane was then located by an Air Force remote viewer. President Jimmy Carter was aware of this, admitting to national press that the CIA, without his knowledge, once consulted a psychic to locate a missing government plane. According to CNN, he told students at Emory University that the “special U.S. plane” crashed somewhere in Zaire. The only thing is that it was a Russian, not American plan.

According to Carter, “the woman went into a trance and gave some latitude and longitude figures. We focused our satellite cameras on that point and the plane was there.” (source)

According to Paul H. Smith, PhD., and one of the participants in the Stargate project (now a retired US army major), gives us more detail from his book that is sourced below:

“In March 1979, a young Air Force enlisted woman names Rosemary Smith was handed a map of the entire continent of Africa. She was told only that some-time in the past few days a Soviet Tu-22 bomber outfitted as a spy plane had crashed somewhere in the continent. The United States desperately wanted to recover the top secret Russian codes and equipment the Tu-22 carried. Using their remote viewing skills, she pinpointed the wreckage, even though it had been completely swallowed by the jungle canopy into which the jet had plunged nose first. (source, pg. 31)

Ref: http://www.collective-evolution.com/2016/01/18/us-air-force-successfully-uses-human-with-out-of-body-abilities-to-locate-a-lost-plane-in-africa/


(2017-03-20)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR