Enrique Villanueva:時間を遡って過去の自分に助言を与えた (途中:その2)

What's New


・(2017-03-17)追加。

はじめに


・タイムトラベルをテーマとした SF 小説では、過去の自分自身にに助言を与える場面が定番の筋書きになっている。

・それを現実に体験した…という驚きの証言を紹介する。

・証言動画では様々な体験を語っているが、以下ではタイトルの話題だけに絞る。

抜粋(デタラメ)


・7:15 あたりから。

・2004年のこと。Enrique Villanueva はカリフォルニアに住んでいたが、そこにペルーで暮らしている父親が訪れてきた。この時すでに父親は肺がんだった。

・彼が台所で作業していた時、ソファーに座っていた父親が長い乾いた咳をしているのが聞こえてきた。その瞬間、次のような声が頭の中に響いた。

  ・これが最後の機会だから今すぐ、父親の所へ行って抱擁しなさい。

・その声には強い切迫感があったが、彼はその指示に従うのは拒否した。なぜなら、彼が得意とする(精神世界で流行っている)治療を父親に施して回復させるつもりだったから。

・だが、その訪問の数ヶ月後に父は病死した。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

・10:25 Jean-Pierre Garnier Malet(フランスの科学者)の説が…

動画(11:52)


・Who is Enrique Villanueva? | My Story | REM Healing



おまけ


・(証言の中で言及されている)Jean-Pierre Garnier Malet のインタビュー動画が下。

インタビュー動画(32:28)


・Jean Pierre Garnier Malet - Interview by FreeMind Project - English Version


インタビュー動画(24:56)


・Doubling Time Theory- Jean-Pierre Garnier Malet


コメント


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

履歴


(2017-03-03) 作成
(2017-03-17) 追加
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR