mutilation された牛や人間の死骸の奇妙な特徴:内臓が腐敗せず、捕食動物も近寄らない (途中:その1)

はじめに


・cattle mutilation の被害を受けた牛の死骸は腐敗せず、ハイエナのような死骸や腐肉を漁る動物もその死骸に近寄らない…という話を紹介する。

・牛だけではなく、人間も同様だと。ブラジルで起きた人間の mutilation の事例(法医学者の鑑定書も公開されたケース)は下の過去記事で紹介済み。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

抜粋(デタラメ)


・36:00 あたり。

・37:00 あたりから。ブラジルのケースの詳細。腐敗せず、捕食動物も近寄らず。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

Podcast インタビュー(1:56:37)


・Human Mutilations Cases


コメント


・そう言えば…。cattle mutilation の現場の映像を(静止画、動画を含め)多数、見かけてきたが死骸に蝿がたかっている情景を見た記憶がない。普通なら腐肉には黒山のような蝿がたかっている筈なのに。

  ・過去記事でも述べた気がするが、そこにあるものは気づくが、無いものはなかなか気づかない(by 山本夏彦)…という具体例の一つ。

(2017-02-15)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR