アメリカが金本位制に復帰することはありえない、なぜなら…

はじめに


・Gold 愛好家には、

  ・「アメリカは金本位制に戻る」と予測し、
  ・そうなった暁には Gold 価格は青天井になる

 と唱える人々が少なくない。著名人の中では、James Rickards なども金本位制復帰の可能性を認めている。

・ところが、それを完全否定した記事を紹介する。

・その記事内容の概略はこんな感じ。

  ・アメリカは大量に原油を輸入し続ける必要がある。
  ・金本位制になればその原油代金を(実質的に) Gold で支払うことになる。
  ・ところが、アメリカの保有する Gold ではその原油代金を賄いきれない。
  ・1971年に Nixon がドルの Gold 兌換を停止した最大の理由がそれ。
  ・同じ理由で今後、金本位制にアメリカが戻ることはない。


引用



20170127_gold3.jpg

20170127_gold4.png

20170127_gold5.png

20170127_gold6.png


ソース: http://www.zerohedge.com/news/2017-01-26/us-empire-would-have-collapsed-decades-ago-if-it-didn%E2%80%99t-abandon-gold-standard


コメント


・上のソース記事の主張は暗黙の前提(今後も Gold 価格が暴騰することはない)があり、その前提が崩れると主張全体も崩壊する。

・James Rickards が金本位制(とそれに伴う Gold 価格の暴騰)の可能性を説いているのは、この暗黙の前提が必ずしも成立しないと見ているため。

(2017-01-27)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR