なぜ、UFO 現象や超常現象はいつまで経っても解明されないのだろうか? (途中:その1)

経緯


・最近の記事のコメント欄で、陰謀論厨 さんと以下のようなやりとりがありました。


2017-01-14 22:41 : 陰謀論厨
...
日本のUFO大事件である介良事件について極めて強い関心を持っています。
高知室戸や弘法大師との関連に関する分析は鋭く真実に迫るように思われ、
考察の続きを首を長くして待っていました。
是非とも介良事件に関する十分な論拠のある詳細な説明を希望します。


2017-01-19 23:47 : 陰謀論厨
...
横着者様はこの事件について何らかの確信を持っておられるようですが、
その結論を明確に書いていません。それを是非知りたいものです。

ソース:http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-7847.html#comment209



2017-01-21 00:27 : 横着者
...
なお、介良 UFO に関する詳しい解説も一旦は書きかけたのですが、思う所があって結局とりやめにしました(その理由だけなら後日、説明できます)。


2017-01-22 00:08 : 陰謀論厨
...
介良事件の説明はしないとのことで残念無念ですが、
説明しない理由については可能であるとのこと、是非ともお聞きしたく思います。

ソース:http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-7877.html#comment212


・この「説明を取りやめにした理由」について以下で、簡単に説明いたします。コメント欄で簡潔に説明できる内容ではないので、このように別記事を立てることにしました。以下、いつもの文体に戻します。

はじめに


・「説明を取りやめにした理由」はタイトルの、

 なぜ、UFO 現象や超常現象はいつまで経っても解明されないのだろうか?

 という疑問に直接、かつ密接に関わっている。なので、この疑問を先に取り上げないと話が進まない。

・この疑問に対する私の結論(的憶測)を先に述べると…。UFO 現象や超常現象がいつまで経っても解明されないのは下の動画の猫のような状況にあるからではないか…と。

動画(0:52)


Cat around the toilet ! Vol.1 くろねこくるくる♪


・上の動画で、私が何が言いたいかと言うと…。

  ・この状況全体は
  ・猫が どれほど必死になって追跡しても、
  ・追いかければ追いかけるほど獲物は巧妙にすり抜け、
  ・決して捕まえられない…
  ・という(原理的な)仕組みになっている。
  ・だが、猫にはこの全体状況も、仕組みも理解できずにいる。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

(2017-01-24)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

横着者様 こんにちは。
私の要望に対し記事を一つ宛てていただき有難うございます。
UFOや宇宙人の実態は人間が認識できず想像すらもできない
現象ということなのでしょうか。

今宇宙人であると言われているグレイなどは人間に似すぎており
所詮は人間の想像できる範囲のものであり、
地球とは別の進化の過程をたどった生物とは考えにくいように思います。
所詮は不可解な現象を人間の認識可能な形で表現したものに過ぎないと
言うことでしょうか。
一部の事件については米の一部機関が幻覚を見せているような気もしています。

介良事件について改めてググってみましたが、
UFO事件について紹介しているサイトに当たり、
http://ufojikenbo.blogspot.jp/2015/11/kera.html
この後半の記事によれば、
2016年5月3日にNHKラジオ第一放送「ラジオアドベンチャー奇界遺産 vol.2」
で、介良事件について取り上げたとのことです。
番組内で取材したのはオカルトサイトX.51を主宰し、
写真集「奇界遺産」などを発表している佐藤健寿氏です。

今回の再取材によって、重要なことが明らかとなったようです。
介良事件を当初から調査している関勉氏の天文仲間の一人に高校教師がおり
その高校に少年達のうちの1、2名が入学してきた。
そこで、その教師が少年達に真相についてただしたところ、
被験者の中心人物が「実は作り事だった」と告白した。
関氏はそれをもって解決済みと考えたとのこと。

今となっては少年の証言についての信憑性も明確に判断はできませんが、
この証言が事実との前提で言えば、信頼関係が重要な教師と生徒の間のこと、
少年が本当に体験していたなら「本当だ」と説明するのではないでしょうか。
本当に体験していたが面倒になり嘘だと言った可能性はあるとは思います。
また少年の悪戯にしては手が込みすぎていて異様な印象もあります。

ここでも先のサイトの管理人が同様のことを掲示板に書き込んでいます。
http://9315.teacup.com/ufo/bbs/t1/78

横着者様はNHK放送をご存知だったかとも思いますが、私は寡聞にして知らず、
一応コメント欄に記しておきます。

最近アメリカ政府の闇の一端に触れたことで、UFO宇宙人事件は
地球外生命体に関連するというより超常現象に関連すると思うようになりました。
トランプ大統領には米政府のの闇を暴いてもらいたいものですね。
また紹介いただく経済記事も非常に面白いですね。
主要メディアで報道されない記事の紹介が面白いですね。
今後とも楽しい記事をお待ちしています。

No title

陰謀論厨さん、こんばんは。

>今回の再取材によって、重要なことが明らかとなったようです。
介良事件を当初から調査している関勉氏の天文仲間の一人に高校教師がおり
その高校に少年達のうちの1、2名が入学してきた。
そこで、その教師が少年達に真相についてただしたところ、
被験者の中心人物が「実は作り事だった」と告白した。

ご紹介ありがとうございます。その件は孫引きレベルで薄っすらと記憶してますが、ソースのご提示は大いに参考になります。

仮に私が当事者の少年だったとすれば、たぶん同様の告白をしていたと思います。「実は作り事だった」という事にしてしまった方が(and そう思い込んだ方が)、当事者として救われるからです。

単なる超常現象の類なら別ですが、あのような不可解な体験を被れば それを咀嚼できず深層意識レベルでかなりの重荷、トラウマとなります。

そもそも「作り事」では、あの底面図形を作成することはおろか、思いつく事すら不可能です。
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR