CIA がネット公開した機密解除書類で「Uri Geller の超能力は明白で確信できる」と結論づけていた

はじめに


・CIA が機密解除した書類は、これまでは特定の場所(メリーランド州の国立公文書館)でしか閲覧できなかった。それが、民間の圧力によってインターネットで公開されることになった。

・インターネットで公開される CIA の機密解除書類は全体で 80万ファイル、1300万ページに及ぶ。その中に Uli Geller の超能力を確認したものが含まれていた…という話を紹介する。

・なお、遠隔視で有名な "Stargate Project" に関する資料も機密解除に含まれている。

要旨(デタラメ)


・核心部分が下。CIA が Uli Geller を招いて厳格な環境下で彼の超能力をテストした。

・テストの結果から、CIA は Uli Geller の超能力について、タイトルのように結論づけていた。


Memos detail how Mr Geller was able to partly replicate pictures drawn in another room with varying - but sometimes precise - accuracy, leading the researchers to write that he "demonstrated his paranormal perceptual ability in a convincing and unambiguous manner".

20170119_uri geller




引用



Those include records of testing on celebrity psychic Uri Geller in 1973, when he was already a well-established performer.

Memos detail how Mr Geller was able to partly replicate pictures drawn in another room with varying - but sometimes precise - accuracy, leading the researchers to write that he "demonstrated his paranormal perceptual ability in a convincing and unambiguous manner".

One set of documents details results of psychic tests on Uri Geller, where he attempted
to copy drawings made by researchers from within a sealed room.

One of the tests involved drawings. A word was selected at random from a dictionary. The first word selected was “fuse”. A firecracker was then drawn by someone outside the locked room. The picture was then taped to the wall outside Geller’s cell and he was told via intercom the drawing was finished. The CIA documents say: “His almost immediate response was that he saw a ‘cylinder with noise coming out of it’. “His drawing to correspond with it was a drum, along with a number of cylindrical-looking objects.”

The second word chosen was “bunch” and a scientist drew a bunch of grapes. The document states: “Geller’s immediate response was that he saw ‘drops of water coming out of the picture’. “He then talked about ‘purple circles’. “Finally, he said that he was quite sure that he had the picture. His drawing was indeed a bunch of grapes.”

The researchers concluded Uri “demonstrated his paranormal perceptual ability in a convincing and unambiguous manner”.

ソース:
http://www.bbc.com/news/world-us-canada-38663522

http://www.zerohedge.com/news/2017-01-18/cia-releases-13-million-pages-declassified-documents-include-psychic-experiments-ufo



コメント


・訳が下手すぎてタイトルの文章も納得からは程遠い。不満だが、時間が無いので もうこれでいいや…w (いつもコレ)

・インターネットで公開されたCIA の機密解除書類のありかが下。

 https://www.cia.gov/library/readingroom/collection/crest-25-year-program-archive

(2017-01-19)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

CIAがユリゲラーのいかさまに騙された、ですか?
どうしようもない組織であることが再確認されたというところでしょうか。
CIAはトルコのクーデターを仕掛けて失敗し
(クーデターの背後にCIAがいたのはブレジンスキーも認めトランプも指摘)
シリアでCIA支援のシリア自由軍(FSA)とペンタゴン支援のクルドYPGが戦闘中。
現地の情報収集や分析もできてなさそうですね。
ユリゲラーのスプーン曲げや透視はジェイムズ・ランディに言われるまでもなくインチキでしょう。
スプーン曲げなどもっと綺麗に曲げてくれる人がたくさんいますし、
透視実験は助手のシピが暗号を送っていたなどとも言われていますね。
CIAはこんな間抜けな一方で数々の悪事、麻薬売買や児童売買、人身売買に大いに関わっているようです。
トランプ大統領就任後はCIAに大鉈を振るってくれることでしょう。

No title

陰謀論厨 さん、こんばんは。

頂いた一連のコメントに対する返事には少々、時間をください。お愛想的に迎合した返事ですますなら簡単ですが、それでは却って失礼になりますから。かと言って無用な反感を招かず、しかも率直に述べようとすると なかなか難しいものです。

なお、介良 UFO に関する詳しい解説も一旦は書きかけたのですが、思う所があって結局とりやめにしました(その理由だけなら後日、説明できます)。

ご期待に添えず、すみません。

(2017-01-20)

No title

横着者様 こんばんは。
コメント有難うございます。
介良事件の説明はしないとのことで残念無念ですが、
説明しない理由については可能であるとのこと、是非ともお聞きしたく思います。

Putinの警告のところで書くべきなのですが、
new world orderの連中とCIAは深いつながりがありそうですね。
youtube動画を見ましたが、CIAが組織的に児童誘拐に関わっているとなると、
単に支配者層の性的嗜好だけが理由では説明がつかないようにも思われます。
wikileaksによってヒラリー・クリントンのmoloch信仰が明らかになりましたが、
molochは人間の子供を生贄に求める神です。
Alex Jonesの言う子供を生贄とする儀式ボヘミアン・グローブと繋がるようで
恐ろしいと感じます。pizzagate事件にも関わっていそうです。
無能なくせに恐ろしいことを平気でやるCIA。
トランプにはCIAの抜本的改革をお願いしたい所です。
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR