FBI が Martin Luther King Jr. に自殺を薦めていた

はじめに


・今でこそ Martin Luther King Jr. は米国の英雄だと誰もが認めている。それゆえ、彼の誕生日がアメリカの祝日に制定されている。

・だが、彼が活躍していた時代、アメリカ政府もマスメディアもこぞって彼を国家の敵だと見なしていた。当然、FBI も彼に敵対し、タイトルのような行動を取っていた…という話を紹介する。

引用



First, while MLK was a peaceful man, he was unquestionably a fierce revolutionary against the prevailing status quo. While his cause and struggle look so obvious now, in his day many segments of American society considered him the enemy, including the U.S. government. For example, we now know that the FBI actually wrote him a letter suggesting he commit suicide.

20170117_fbi.jpg

ソース: https://libertyblitzkrieg.com/2017/01/16/two-things-to-read-on-martin-luther-king-day-2/


コメント


・さすが FBI 、やることが紳士的。自殺を示唆することで暗に殺害を仄めかし、脅しただけで「穏便に済ませた」。CIA ならさっさと暗殺して片付けてしまうところだ…w

・大統領就任式を間近に控えて、CIA が Trump を暗殺しようとしている…という話がネットに溢れている。Obama を操る Soros が各地で大規模な混乱を引き起こし、戒厳令に持ち込む計画だ…という話も頻繁に見かける。実際、何が起きても不思議ではない。どうなることやら…

(2017-01-17)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR