Uppaluri Gopala Krishnamurti:魂も自己も精神も心も存在しない (途中:その1)

はじめに


Uppaluri Gopala Krishnamurti(UG Krishnamurti)は神智学で有名な Jiddu Krishnamurti とは別人(だが、互いに何度か会って話をしたことがあると)。

・その UG Krishnamurti (故人)のタイトルのような(一見すると) ぶっ飛んだ 主張を紹介する。

抜粋(デタラメ)


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

・18:00 あたりの発言が、

  ・魂も自己も精神も心も存在しない。

動画(1:48:50)


・Best of UG


コメント


・UG Krishnamurti のタイトルのような主張は一見すると極めて異様なようだが(実際、上の動画の冒頭― 3:40 あたりから―で男性が UG に憤慨し強く反発し激しい口論になっている…w)、実はさして異様なものではない。むしろ、UG の主張はありふれたものだとすら言える。また禅問答や公案の類を連想するかもしれないがそれは的外れ。

・異様に感じるのは UG の主張が何か大それた事柄(「真の実在」とか「深淵な真理」…の類)について述べたものだ…という無意識の前提に立っているため。そのような前提は錯覚でしかない、と自覚すれば先の異様な違和感は消える。

・ヘタな喩えになるが…。仮の話だが、「いつも視界に鼻先が見えていて邪魔でしょうがない」とほとんどすべての人が悩んでいるとする。UG は「そんな事は気にかけたこともない」と主張してるだけ。あるいは単に「肩コリなんて存在しない(→ 肩が凝ったという感覚が理解できない)」と言っているだけ。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

(2017-01-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR