米中の貿易戦争が勃発すれば、中国の被害は甚大。アメリカの被害は耐えられる規模

はじめに


・Trump の中国に対する関税政策によって米中間で貿易戦争が勃発しそうな気配(中国側は妥協しないと宣言している)となっている。仮に米中間で貿易戦争が勃発した場合、どちらの被害が甚大なのか、どちらが優位にたちそうなのか。

・これを中国の内情に詳しい "The Epoch Times" 誌が記事にしているので紹介する。

抜粋(デタラメ)


・アメリカは中国から 4830億ドルの商品を輸入している(2015年)。

According to the U.S. Census, the United States imported $483 billion worth of goods from China in 2015.


・仮にアメリカが中国からの輸入を停止した場合、中国では輸出関連産業に従事している 1,500万人が失業する。これは中国当局にとって悪夢。

In an extreme thought experiment, about 15 million Chinese workers in the export sector could lose their jobs if Americans stopped importing from China altogether, a nightmare for the Chinese regime, which depends on employment to keep the people happy and itself in power.

・中国からの輸入が途絶えた場合、アメリカは短期的には困難が生じるが、長期的には大きな問題とはならない。

“It is likely that future retaliatory measures would yield similar results: a short-term impact for the U.S., followed by a recovery,” states the report.

・中国が独占しているレア・アースなどの希少資源についても長期的には対応できる(若干、価格が値上がりするにしても)。

・よって、中国が経済合理性に基づいて判断すれば Trump に妥協する筈だが…

ソース:http://www.theepochtimes.com/n3/2205639-how-the-us-could-win-a-trade-war-with-china/

(2017-01-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR