1965年2月11日、ニューメキシコ州:Holloman 空軍基地に UFO が着陸? (途中:その4)

What's New


・(2017-01-02 追加)この事件で撮影された UFO(実は Paul Moller が試作した実験機…w)が実際に飛行している動画シーンを含む古い白黒のドキュメンタリー番組を見かけた。参考のために、そのドキュメンタリー番組を追加しておく。

・(2016-12-07 追加)この UFO 事件についてコメントを追加。関連の過去記事も追加。

・(2016-12-05 追加)以下を追加。
   ・オリジナルとされる問題の動画フィルムの Youtube 動画。
   ・問題の動画フィルムを見たという証言。
   ・問題の動画フィルムは軍が訓練用に作成したもの…という説。

はじめに


・この事件は過去記事でも取り上げた気もするが、どうせ忘れているので気にせず紹介する。

抜粋(デタラメ)


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……
20161204_holloman1.jpg

20161204_holloman2.jpg

20161204_holloman3.jpg

20161204_holloman4.jpg

動画(6:42)


・UFO Landing at Holloman AFB a mix of 2 TV clips


動画(10:15)


・THE HOLLOMAN AIRFORCE UFO TAPE... THE TRUTH


動画(7:19)


・UFO and Demonic Aliens landed on Holloman AFB Air Force Base to meet with President Eisenhower


関連記事



20161204_ufo.jpg

20161204_hollomanufo2.jpg

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

ソース:http://www.ufo-blogger.com/2009/05/ufo-landed-in-front-of-former-us.html


コメント


・上の動画の中で、この事件の時に撮影されたと称する UFO 写真が登場している。それが下。
20161204_holloman5.jpg


・だが、上の写真の正体は UFO ではなく、Paul Moller が試作した実験機。


20161204_Moller-XM-2.jpg


In 1962, Dr. Paul Moller built a six to one scale model of the XM-2. Two years later in the garage of his residence in Davis, CA he began construction of the full size aircraft. As Moller Aircraft Corporation, Dr. Moller completed construction of this prototype using two 2-cycle McCulloch drone engines which produced enough power to allow the XM-2 to hover in ground effect in 1965. With the success of his first VTOL flight, Dr. Moller began to re-engine the XM-2 in 1966 with two Mercury outboard engines XM-2 in flight under UC Davis sponsorship. The re-engined XM-2 was then flown for the International Press at the UC Davis airport in 1966. In 1968 Dr. Moller received his first patent on this VTOL XM-2 configuration [66]. One can not help but wonder if Moller's efforts are specifically designed to discredit terrestrial attempts to produce a disc shaped aircraft.

ソース:http://www.the-big-picture.org.uk/wordpress/?page_id=7415


(2016-12-04)



--- 以下、2016-12-05 追加分 ---

オリジナルとされる問題の動画フィルム


動画(1:16)
・holloman landing original footage_converted.flv


問題の動画フィルムを見たという証言



Holloman AFB UFO Landing and the ‘Large-Nosed’ Aliens…

Years later, Robert Emenegger appeared with Paul Shartle on the 'UFO Cover-Up Live' program back in 1988. Paul Shartle, who was the audio-visual director of Norton Air Force claimed that he actually saw the authentic Holloman footage…

"I saw footage of three disc-shaped crafts. One of the craft landed and two of them went away. It appeared to be in trouble because it oscillated all the way down to the ground. However, it did land on three pods. A sliding door opened, a ramp was extended, and out came three aliens. They were human size. They had odd gray complexions and a pronounced nose. They worn tight-fitting jump suits, thin headdresses that appeared to be communications devices, and in their hands they held a translator, I was told. The Holloman base commander and other Air Force officers went out to meet them."

Further descriptions given by Paul Shartle of the Holloman aliens: "big-nosed" tall humanoids with gray complexions and eyes with vertical slits, similar to cat eyes. They had thin, slit-like mouths and no chins.

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread231682/pg1



軍の教習用動画だった…という説



Evidence! Holloman AFB Story True?

Some of you may remember the story of the purported April 24, 1964 landing of a UFO at Holloman AFB in New Mexico. This story was presented as a hypothetical scenario of alien contact in the book "UFOs: Past, Present & Future" as well as in the documentary UFOs: It Has Begun.

If you recall, at around 5:30 am on that day, three UFOs flew into Holloman's airspace and were tracked on radar. One of the saucers appeared to be wobbling and in trouble. This lone saucer landed at Holloman and the aliens disembarked the craft to communicate with the Air Force Base officials!

It is claimed that this landing never really took place and is an urban legend of sorts, based on a training film that new officers were shown when stationed at Holloman. But some say that this training film looked incredibly real! It is alleged that the film was the "real thing" and shown to the officers as a psychological experiment.

Many of those stationed at Holloman remember this "training" film they were shown entitled "What If They Land?" This film depicted this same scenario of a UFO landing at the base and aliens emerging from the craft. The officer who was in charge of ordering all training films and other equipment does not recall ordering the film. He also does not recall of disposing of the film either, which is exactly what happened to it! The original film was reported as "missing" in the 1970s and remains as such to this present day.

A copy of the film was apparently made, because a still image made from a frame of that film was sent to the training officer in charge of the original film. The frame was cut from a very new film...it was not yellowed and the sprockets weren't tattered as they were on the original film when it was last seen. The training officer does verify that the image of the UFO on the frame matches that of the original film.

In February, The Learning Channel used this frame within part of their documentary on the UFO phenomenon. As far as I know, this is the first time it has been seen on any website and identified as a frame of the "missing" Holloman AFB film.

ソース: http://alienade.tripod.com/newshollo.html


(2016-12-05)



(以下、2016-12-07 追加分)

コメント


・この UFO 事件は NASA の宇宙飛行士だった Ellison Onizuka(エリソン・鬼塚)の下の証言を思い出させる。何が言いたいのかと言うと…。「Holloman 空軍基地に UFO が着陸した」という動画フィルムは、Ellison Onizuka に見せた映画と同様の目的で軍が作成(捏造)したものだろう…という事。当然、作成した動画の情報が外部に漏れるのは織り込み済み。


・鬼塚はかつてカルフォルニア州のマクレランド空軍基地 (McClellan Air Force Base)(基地の名前と彼の名前が同じなのは偶然)にいたことがある。そこで航空エンジニアとパイロットの訓練をしていた。それはここで宇宙飛行士の訓練を始める 8~9年前のことだ。

・ある時、その基地で鬼塚と彼のグループは映写室へ向かうよう指示を受けた。彼らが席につくと部屋は暗くなって、いつもの担当管の説明ぬきで、映画が始まった。
・彼らは驚いた。映画のスクリーンに、診察室が現れ、台に横たえられた小さな体(複数)が写っていたからだ。彼の近くに座っていた仲間が興奮したコメントを発したのが聞こえた。
・その小さな、奇妙な生物は人間の形をしていた。それは 1947年のロズウェル事件の現場で目撃者が語った異星人の姿と似ていた。
・それらの全員に、大きな頭、大きな目、小さな胴体、両手、両足があった。地球のものとは思えなかった。

・鬼塚はこう言った。「我々は全員、高度に訓練された将校 (officer) だが、我々が見たものにショックを受けた。それが起きるまで、それについて何も知らされていなかった。不意をつかれた。たぶん、あれは総合的な反応を調べる心理テストだったのだろう。とにかく、驚いたよ。」

・私は鬼塚に言った。「それは凄い。あなたが見たものについて質問する機会はなかったの?」
・鬼塚は答えた。「無かった。我々は部屋を出るように言われ、そして何事もなかったかのように、スケジュールどおり与えられた技術的課題をこなし続けた。私が思うに、見たものに対する個々人の反応によって査定された可能性があるのではないかと。空軍基地側が軍事的理由で計画した心理テストなんだろう。もしかしたら NASA はその結果を評価して 1978年に私を宇宙飛行士に選んだのかも知れない。もしも(あの時)私が本当に異星人を見たというような反応をしていたらどうなっていたか、君にも分かるよね?」



・以下、その Ellison Onizuka(エリソン・鬼塚)の下の証言を取り上げた過去記事全体をまるごと、引用しておく。


NASA 宇宙飛行士(故鬼塚)の異星人との遭遇体験



onizuka_see_et_movie.jpg
onizuka.jpg

要旨


・以下、1992年に死去した クラーク・マクレランド (Clark C. Mcclelland) の記録。
・クラーク・マクレランドはケネディ宇宙センターの Space Shuttle Fleet の SCO (シニア・コンプライアンス・オフィサー:上級役員)だった。

以下はたぶん彼が役員になる前の話
・彼がケネディ宇宙センターで、スペースシャトル「チャレンジャー」の準備作業をしていた時、エリソン・鬼塚中佐 (Lt. Col. Ellison Onizuka) と出会い、知り合いになった。
・彼は長い間、UFO や宇宙人に興味を持っていた。
・ある晩、現場から離れた所で、偶然、鬼塚に出会った。その時、次のような驚くべき話を鬼塚から聞いた。
・鬼塚はかつてカルフォルニア州のマクレランド空軍基地 (McClellan Air Force Base)(基地の名前と彼の名前が同じなのは偶然)にいたことがある。そこで航空エンジニアとパイロットの訓練をしていた。それはここで宇宙飛行士の訓練を始める 8~9年前のことだ。

・ある時、その基地で鬼塚と彼のグループは映写室へ向かうよう指示を受けた。彼らが席につくと部屋は暗くなって、いつもの担当管の説明ぬきで、映画が始まった。
・彼らは驚いた。映画のスクリーンに、診察室が現れ、台に横たえられた小さな体(複数)が写っていたからだ。彼の近くに座っていた仲間が興奮したコメントを発したのが聞こえた。
・その小さな、奇妙な生物は人間の形をしていた。それは 1947年のロズウェル事件の現場で目撃者が語った異星人の姿と似ていた。
・それらの全員に、大きな頭、大きな目、小さな胴体、両手、両足があった。地球のものとは思えなかった。

・鬼塚はこう言った。「我々は全員、高度に訓練された将校 (officer) だが、我々が見たものにショックを受けた。それが起きるまで、それについて何も知らされていなかった。不意をつかれた。たぶん、あれは総合的な反応を調べる心理テストだったのだろう。とにかく、驚いたよ。」

・私は鬼塚に言った。「それは凄い。あなたが見たものについて質問する機会はなかったの?」
・鬼塚は答えた。「無かった。我々は部屋を出るように言われ、そして何事もなかったかのように、スケジュールどおり与えられた技術的課題をこなし続けた。私が思うに、見たものに対する個々人の反応によって査定された可能性があるのではないかと。空軍基地側が軍事的理由で計画した心理テストなんだろう。もしかしたら NASA はその結果を評価して 1978年に私を宇宙飛行士に選んだのかも知れない。もしも(あの時)私が本当に異星人を見たというような反応をしていたらどうなっていたか、君にも分かるよね?」

ソース: http://www.agoracosmopolitan.com/news/ufo_extraterrestrials/2011/07/23/230.html

コメント


・Clark C. McClelland なる人物の身元証明書類は以下にあった。(この部分は 2016-12-07 に更新)

  http://www.stargate-chronicles.com/site/about-clark-mcclelland/my-professional-background-and-credentials/
  http://www.stargate-chronicles.com/site/about-clark-mcclelland/my-professional-background-and-credentials-part-2/

  ・上のリンク先が消える可能性に備えて身分証明書を一つだけ下に添付。
20161207_background_letter.jpg


・ソースの文中の EBE とは "Extra-terrestrial Biological Entity" (地球外生命体)のこと。
・エリソン・鬼塚については http://en.wikipedia.org/wiki/Ellison_Onizuka

・これに関する掲示板での議論:http://www.abovetopsecret.com/forum/thread405710/pg1

・この鬼塚の体験した話と似た内容の話は他にも読んだことがある。異星人の映像を見て、びっくりして「ウロがくる」ようなタイプの人間も確かに存在するから、こういったテストであらかじめ弾いておく必要はある。いくら動揺を隠したところで、映画を見た直後の課題の成績でバレバレだろうから、うまく考えたものだ。
・とはいえ、他の宇宙飛行士から、同様のテストを受けたと言う話を聞かないのはなぜ? 他に一人位はいてもよさそうなものだが。

(2011-07-27)


(2016-12-07)



(以下、2017-01-02 追加分)

はじめに


・上で紹介した「Paul Moller が試作した実験機」が実際に飛行している動画シーンを含む古い(1966年制作)白黒のドキュメンタリー番組が昨日(2017-01-01)Youtube に up されていた。

・参考のために、そのドキュメンタリー番組を追加しておく。

抜粋



・1:30 から。この動画シーンから切り出した静止画が下。

20170102_test_craft.jpg

20170102_test_craft2.jpg



動画(49:10)


・UFO Documentary with Walter Cronkite


(2017-01-02)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR